共通テスト不正疑い 出頭の大学生「音がしない設定で撮影」

今月行われた大学入学共通テストの問題が試験中に撮影されて外部に送られ不正が行われた疑いがある問題で、27日に出頭した19歳の女子大学生が「シャッター音がしない設定にしてスマートフォンで撮影した」と話していることが分かりました。
警視庁は、女子大学生から詳しく事情を聴いたうえで偽計業務妨害罪にあたるかどうか検討することにしています。

今月15日に行われた大学入学共通テストのうち、世界史の問題用紙が試験中に撮影されてインターネットを通じて外部に送られ、家庭教師などを紹介するサイトを通じて知り合った東京大学の学生2人が共通テストの問題とは知らずに回答していました。

捜査関係者によりますと27日、大阪府内に住む19歳の女子大学生が香川県内の警察署に出頭し関与を認めたということです。
女子大学生はこれまでの事情聴取に対して「スマートフォンを上着の袖に隠して撮影した。1人でやった」などと話しているということですが、さらに「周りにばれないようにシャッター音がしない設定にしてスマートフォンで撮影した」と話していることが捜査関係者への取材で分かりました。

大阪府内の試験会場で受験したとみられ「東京の別の大学を目指していたが、思うように成績が上がらず魔が差してしまった」と話し反省している様子だということです。

警視庁は、女子大学生からさらに事情を聴いたうえで偽計業務妨害罪にあたるかどうか検討することにしています。

末松文部科学相 “詳細解明後 対応を検討”

末松文部科学大臣は閣議のあと、記者団に対し「仮に受験生が試験問題を試験時間中に流出させたことが事実であれば、公平・公正に行われるべき入試の信頼を著しく損なった行為だ」と述べました。

そのうえで「文部科学省から、きのう、今後始まる個別入試での不正行為を未然に防止するため、試験室内の巡視などを十分に行うよう依頼したところだ。今回の事案が事実として確認され、詳細が解明されたのち、高校、大学関係者や情報技術に詳しい有識者の意見を十分参考にして、対応をしっかりと検討したい」と述べました。