東名あおり運転 家族4人死傷事故 やり直し裁判始まる 横浜地裁

5年前、神奈川県の東名高速道路で、あおり運転の末に家族4人を死傷させた罪に問われている被告の、やり直しの裁判員裁判が、27日から横浜地方裁判所で始まり、被告は「事故になるような危険な運転はしていない」と述べ、無罪を主張しました。

2017年6月、神奈川県の東名高速道路で、あおり運転を受けて停車したワゴン車がトラックに追突され、萩山嘉久さん(45)と妻の萩山友香さん(39)が死亡した事故では、福岡県の無職、石橋和歩被告(30)があおり運転の末に事故を引き起こしたとして、危険運転致死傷などの罪に問われています。

27日、横浜地方裁判所で始まったやり直しの裁判員裁判で、スーツ姿で入廷した石橋被告は「自分は事故になるような危険な運転はしていません」と述べました。

また、弁護士は「事故はぶつかった後続の車が原因だ」などと述べ、危険運転致死傷の罪について改めて無罪を主張しました。

これに対し、検察は冒頭陳述で「被告は事故の前に、パーキングエリアで駐車方法をめぐって非難されたことに憤慨し、4回にわたって妨害運転を行った。被害者は恐怖を覚えて車を止めて、事故は起きていて、妨害運転と事故には因果関係がある」と主張しました。

一方、弁護士は「被害者の車が先に減速 停止していて、停止を余儀なくさせてはおらず、危険運転はしていない。また、事故を起こしたのは車間距離を十分にとっていなかった後続の大型トラックで被告は犯人ではない」などと述べました。

この裁判をめぐっては、被告が車を止めたあとに起きた事故に危険運転の罪を適用できるかが争われ、1審の横浜地方裁判所は2018年、危険運転の罪にあたると判断して懲役18年を言い渡しました。

しかし、2審の東京高等裁判所は、1審の裁判の前の手続きで裁判所が検察と弁護側の双方に「危険運転の罪にはあたらない」という見解を示していたことについて、違法だとして、審理をやり直すよう命じていました。

事故から5年となりますが、裁判は初めからやり直すことになり、改めて被告人質問などが行われます。

事故をきっかけに「あおり運転」規定 罰則強化

事故が起きたのは、2017年6月でした。

神奈川県大井町の東名高速道路の下り線で、大型トラックが追い越し車線に停車していたワゴン車に衝突。

静岡市の萩山嘉久さん(45)と、妻の萩山友香さん(39)が死亡し、2人の娘もけがをしました。

その後の捜査で、事故の直前に石橋和歩被告(30)が運転する車が、萩山さんのワゴン車の前に割り込んだり、急にスピードを落として車間距離を詰めたりするなど「あおり運転」を繰り返し、その結果、高速道路上での停車を余儀なくされ、事故が起きたことがわかりました。

石橋被告はあおり運転を行って事故を引き起こしたなどとして、2017年10月に危険運転致死傷の罪で起訴されました。

この事故をきっかけに、あおり運転の危険性に注目が集まり、3年後の2020年には道路交通法が改正され、法的に定義されていなかったあおり運転について「妨害運転」と規定し、幅寄せや急ブレーキ、執ようなクラクションなどで危険を生じさせると取締りの対象となり、罰則も強化されました。

また、自動車運転処罰法も改正され、高速道路などで走行中の車の前で停止したり、著しく接近して停止させたりする行為について、罰則の重い「危険運転」と位置づけられました。

“横浜地裁の裁判前の手続きは違法”高裁が裁判やり直し命じる

1審で審理をやり直すことになったのは、裁判の手続きに違法な点があったと指摘されたためです。

1審の裁判員裁判は2018年12月に始まりましたが、その前に行われた、裁判官と検察官、弁護士が話し合う争点整理の手続きの中で、裁判所は検察と弁護側の双方に、本件は「危険運転の罪にはあたらない」という見解を示していました。

裁判員裁判の中で、弁護士は被告が車を止めたあとに起きた事故に危険運転の罪は適用できないと主張しましたが、判決で横浜地方裁判所は危険運転致死傷の罪を適用できるという判断を示し、懲役18年を言い渡しました。

これに対し、2019年12月、2審の東京高等裁判所は「被告の妨害運転によって被害者は高速道路に車を止めるという極めて危険な行為を余儀なくされた。一連の行為と結果との因果関係を認めて危険運転の罪を適用した1審の判断に誤りはない」としました。

一方で「裁判の前の手続きで、裁判所が検察と弁護側の双方に危険運転の罪にあたらないという見解を表明したのは違法で、明らかな越権行為だ。量刑に影響を与えた可能性がなかったとはいえず、被告に主張の機会を十分に確保しなかった点も違法だ」と指摘し、1審の判決を取り消し、改めて横浜地方裁判所で審理をやり直すよう命じました。

判決後の会見で、亡くなった萩山嘉久さんの母親の文子さんは「審理を差し戻すという判決は予想していなかったので驚きました。被告に早く刑に服してほしいと思っていただけに、裁判がさらに長引くのは歯がゆい気持ちです」と話していました。