新大久保駅 転落者救助の韓国人留学生ら死亡から21年で追悼

JR山手線の新大久保駅で、ホームから転落した人を助けようとした韓国人の留学生と日本人の男性が電車にはねられ死亡した事故から26日で21年となり、関係者などがホームで黙とうをささげました。

JR山手線の新大久保駅では、2001年1月、韓国人の留学生イ・スヒョン(李秀賢)さん(当時26)とカメラマンの関根史郎さん(当時47)が、ホームから転落した男性を助けようとして電車にはねられ、3人とも亡くなりました。
事故から21年となった26日、韓国のカン・チャンイル(姜昌一)駐日大使や、イさんが通っていた日本語学校の理事長などが新大久保駅を訪れ、慰霊のためのプレートに花束を手向けたあと、現場となったホームで黙とうをささげました。
続いて行われた追悼式には、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ことしも日本訪問を見送ったイさんの母親、シン・ユンチャン(辛潤賛)さんがビデオメッセージを寄せました。

この中でシンさんは「1月26日に新大久保へ行くと息子に会えそうな気がして、日本訪問を心待ちにしてきました。21年間変わらずに温かく迎えてくれた支援者の皆さんに感謝申し上げます」と語りかけました。

イさんが生前、日韓両国の懸け橋になりたいと話していたことから両親らが見舞い金などをもとに設立した基金によって、これまでに19の国と地域の留学生あわせて1059人が奨学金を受け取っています。