埼玉県内で住宅火災相次ぐ 合わせて3人死亡

25日夜、埼玉県所沢市と川口市で住宅が焼ける火事が相次ぎ、合わせて3人が死亡しました。
警察は火事の原因を詳しく調べています。

25日午後11時半ごろ所沢市下富にある坂東和雄さん(79)の住宅から火が出て、およそ3時間半後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅が全焼しました。

警察によりますと、この火事で坂東さんが病院に搬送されその後死亡が確認されました。

また、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。

この家には坂東さんと82歳の妻の2人が暮らしていて、火事のあと妻と連絡が取れなくなっているということです。

警察は、亡くなったのは妻とみて身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。

また川口市栄町では25日午後9時20分ごろ、熊井守さん(78)の店舗を兼ねた2階建ての住宅で火事があり、2階の焼け跡から1人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、熊井さんは50歳の長女と44歳の次男と3人で暮らしていて、火事のあと、次男と連絡が取れなくなっているということで、警察が確認を進めています。