関東南部中心に雪 東京23区も積雪か 交通影響や凍結など注意

本州の南を進む低気圧の影響で関東では南部を中心に25日夜から26日の明け方にかけて雪が降り、東京23区など平野部でも積もるおそれがあります。気象庁は交通への影響や路面の凍結に注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、25日夜までに本州の南に低気圧が発生し26日の朝にかけて伊豆諸島付近を進むため、関東では25日夜から26日の明け方にかけて雪や雨が降り南部の平野部でも積雪となるところがある見込みです。

26日昼までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで
▽茨城県北部で3センチ、
▽茨城県南部のほか神奈川県の箱根周辺や西部の平地、それに東京地方で1センチから2センチと
予想されています。

東京23区でも25日夜遅くから26日の明け方にかけて雪が降り、予想より気温が低くなった場合などは降雪量が増えるおそれがあります。

26日の朝は山沿いを中心に気温も下がる見込みで、気象庁は雪による交通への影響や路面の凍結、農作物の被害などに注意するよう呼びかけています。