共産 小池書記局長 参院選 選挙協力 立民に“速やかに協議を”

夏の参議院選挙をめぐり、野党間で選挙協力に向けた協議が始まっていないことについて、共産党の小池書記局長は「タイムリミットが近づいている」と述べ、立憲民主党に対し、速やかに開始するよう呼びかけました。

夏の参議院選挙をめぐって、立憲民主党と共産党は定員が1人の1人区では野党候補の一本化を図る必要があるという認識をともに示していますが、立憲民主党は先の衆議院選挙で行った共産党との協力を見直す方針を打ち出し、両党間の協議は始まっていません。

小池書記局長は24日の記者会見で「野党の共闘の大義と魅力を広く国民に伝えるには一定の時間が必要で、タイムリミットが近づいている。立憲民主党に対し、参議院選挙の選挙協力に向けた正式な政党間協議を速やかに開始することを呼びかける」と述べました。

そのうえで「衆議院選挙では、立憲民主党と共通政策、政権協力、選挙協力の3つの分野で合意して戦ったので、それぞれの成果や課題について議論し、参議院選挙にどう生かしていくか協議する必要がある」と述べました。