ワカサギ釣り テント内で一酸化炭素中毒か 母子3人搬送 盛岡

23日朝、盛岡市の岩洞湖でテントを張ってワカサギ釣りをしていた小学生の子ども2人と母親が、一酸化炭素中毒とみられる症状を訴えて病院に搬送されました。警察によりますと、全員意識はあり、命に別状はないということです。地元漁協などは、テントの中での一酸化炭素中毒による事故に注意を呼びかけています。

23日午前8時すぎ、盛岡市薮川の岩洞湖で、テントを張ってワカサギ釣りをしていた小学生の女の子2人と母親の具合が悪くなったと消防に通報がありました。

3人はドクターヘリなどで病院に運ばれ、警察によりますと、全員意識はあり、命に別状はないということです。

警察によりますと、3人は家族4人でワカサギ釣りに来ていて、防寒のためテントの中でガスヒーターを使っていたということです。

この際、テントを閉めきっていたとみられ、警察は換気が不十分だったために一酸化炭素中毒を起こしたとみています。

岩洞湖では去年3月、釣り客がテントの中でバーナーをたいて一酸化炭素中毒で死亡する事故が起きたほか、22日も男性が救急搬送されていて、警察や地元漁協は、テントの中で暖房を使う場合はこまめに換気をするよう呼びかけています。

岩洞湖漁業協同組合の佐々木逸人監視長は「テントを使う場合は、入り口などを開けて、閉めきった状態にならないよう常に換気を意識しながら釣りをしてほしい」と話しています。