バレンティン 日本球界引退を発表 シーズン60HRのプロ野球記録

プロ野球のヤクルトとソフトバンクでプレーし、シーズンのホームラン60本のプロ野球記録を持つバレンティン選手が、日本球界からの引退を発表しました。

これは、バレンティン選手が自身のツイッターで明らかにしました。

それによりますと、37歳のバレンティン選手は、「日本のファンに向けて日本球界から引退することを伝えたい。日本でプレーすることや、日本球界で偉大なホームランバッターとしてのキャリアをおくる機会を与えてくれたスワローズに感謝したい」とコメントしています。

バレンティン選手は平成22年にヤクルトに入団し、3年連続でホームラン王に輝くなど活躍し、平成25年にはプロ野球記録となるシーズン60本のホームランを打ちました。

おととしからソフトバンクでプレーしましたが、昨シーズンの途中で退団し、日本のプロ野球の球団でのプレーを望んでいました。

バレンティン選手の通算成績は、1104試合に出場し、打率2割6分6厘、ホームラン301本、794打点でした。