池江璃花子 100m自由形で優勝 国内トップレベルの大会で

国内トップ選手が出場する競泳の大会が都内で開かれ、池江璃花子選手が100メートル自由形で優勝しました。

この大会は、東京・江東区の東京辰巳国際水泳場で21日から開かれていて、池江選手は22日、100メートル自由形に出場しました。

決勝のレースでは、前半を5位で折り返すと、後半は力みが出たとしながらも伸びのある泳ぎで追い上げ、54秒64のタイムで優勝しました。

池江選手は目標としていた54秒台前半には届きませんでしたが、課題としていたスタートの改善に手応えを感じているとしたうえで「ずっと強化してきた部分であり、うまくいっている」と話していました。

本多 400m個人メドレーで優勝

一方、東京オリンピックの200メートルバタフライで銀メダルを獲得した本多灯選手は、国際大会への出場を目指して力を入れている400メートル個人メドレーに出場しました。

決勝では、得意のバタフライで飛び出すと、課題としている背泳ぎでは、ほかの選手を引き離せませんでしたが、平泳ぎと自由形では、力強い泳ぎで2位に3秒以上の差をつけ、4分12秒36のタイムで優勝しました。

本多選手は「背泳ぎと平泳ぎが、まだまだ足りないので、特に背泳ぎを頑張りたい。世界選手権の代表権を取りたいと思っているので、一歩近づけたいいレースになった」と話していました。