北海道 まん延防止等重点措置の適用 国に要請

新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受けて、北海道は、21日夕方、国に対し、まん延防止等重点措置の適用を要請しました。

急速な感染拡大を受けて、道は、21日夕方開いた対策本部会議で、対策のレベルを「2」に引き上げ、国に、まん延防止等重点措置の適用を要請することを決め、ただちに、要請を行いました。

会議では、重点措置の対象区域は道内全域とし、適用が決まれば、期間中、飲食店に営業時間の短縮を要請するなどの対策方針も決定しました。

それによりますと、
◆道の第三者認証を取得している店は、
▽酒の提供を午後8時まで、営業を午後9時までとするか、
▽酒を終日提供せずに営業を午後8時までとするか、選択できる仕組みとし、
◆認証を受けていない店は、酒の提供を行わず午後8時までの営業とするよう要請することにしています。

要請に応じた店に支給される支援金は、
◆中小企業や個人事業主については、
▽酒の提供を行って営業を午後9時までとした場合は、売り上げに応じて1日あたり2万5000円から7万5000円、
▽酒の提供を行わずに午後8時までとした場合や、
▽認証を受けていない場合は、売り上げに応じて1日あたり3万円から10万円、
◆大企業については、認証を受けている店、受けていない店のいずれも売り上げの減少額に応じて、1日あたり最大で20万円としています。

一方、道民には、混雑している場所などへの外出は控え、不要不急の都道府県間の移動は極力、控えるよう要請することにしています。

国は要請を受けて、速やかに検討する方針で、適用は来週前半にも決定される見通しです。