オリックスの宮内義彦オーナー 今季かぎりで退任

プロ野球 オリックスのオーナーを30年余りにわたって務め、球界再編の当時、近鉄とオリックスの合併に携わった宮内義彦氏が今シーズンを最後にオーナーを退くことを明らかにしました。

これは21日、宮内オーナーが京セラドーム大阪で開いた会見で明らかにしました。

宮内オーナーは86歳。

昭和63年に当時の「阪急ブレーブス」を買収してプロ野球、オリックスのオーナーに就任しました。

平成16年の球界再編の際には近鉄とオリックスの合併に携わり、平成26年に親会社の経営トップを退いたあとも、ここまで30年余りにわたって球団のオーナーを続けてきました。

宮内オーナーは昨シーズン、オリックスが25年ぶりにパ・リーグ優勝を果たし1つの区切りがついたなどとして、今シーズンの終了まで務めたあとオーナーを退くことを明らかにしました。

宮内オーナーは会見で「思い起こせば25年間優勝から見放されるとはつゆ知らず、次の世代に渡したいと思っていたが、最下位でオーナーを退くのはこんなにもおもしろくないものかと思っていた。リーグ優勝して胴上げをされ『いいな、日本一まで待つか』と思ったが、退くことにしました」などと話しました。
また、27年前の阪神・淡路大震災が起きた年にリーグ優勝を果たしたことを振り返り「今こそ神戸で試合をやらないと意味がないと思い、神戸で試合をしていたが、震災で大変ななか、ものすごくたくさんのお客さんが来てくれた。エンターテインメントのカギは地域密着が一番大事で、オリックスは関西で、大阪を中核にやっていくと思った」と話していました。

宮内オーナーの後任には、オリックスグループのCEOを務める井上亮氏が就任する予定です。

宮内義彦オーナーとは

宮内義彦オーナーは86歳。

商社勤務を経て、オリックスの前身である「オリエント・リース」の設立に関わり、昭和55年から30年以上CEO=最高経営責任者を務めてきました。

昭和63年に当時の「阪急ブレーブス」を買収し、親会社の社名が変更されたことを受けて「オリックス・ブレーブス」となったチームのオーナーにも就任しました。

平成16年の球界再編の際には近鉄とオリックスの合併を主導しました。

オーナー会議の議長を務めていた平成25年には当時の加藤良三コミッショナーが辞任したあと、後任のコミッショナーが決まるまでの期間、コミッショナー代行を務めました。

平成26年に親会社の経営トップを退いたあとも、ここまで30年余りに渡って球団のオーナーを続け、チームの低迷が続いていた時期にもキャンプ地などに頻繁に足を運び、選手たちを叱咤激励してきました。

就任33年目となる昨シーズン、オリックスが25年ぶりのリーグ優勝を決めた瞬間も京セラドーム大阪で立ち会っていて、選手たちの歓喜の輪に加わって5回、胴上げされました。

このあと「こんなに気持ちのいい夜を過ごすのは25年ぶりです。優勝から一番、遠ざかっていたチームなので、ことしを新しいバファローズの元年としてほしい」と話していました。