全日空 代替燃料の旅客機使い出張でCO2削減証書 契約企業に

航空大手の全日空は、旅客機の運航に二酸化炭素の排出が少ない代替燃料を使うことを通じて、契約した企業が二酸化炭素の削減証書を受け取ることができるサービスを、ことし4月から始めることになりました。代替燃料の普及とともに、企業の脱炭素の取り組みを後押ししたいねらいです。

全日空は、従来の燃料と比べ二酸化炭素の排出をおよそ80%抑えることができるとされる「SAF」と呼ばれる代替燃料を旅客機の運航に使っています。

ことし4月から始める新たなサービスを契約した企業は、旅客機を使う出張で二酸化炭素を削減したとみなされ、第三者機関の発行する「削減証書」を受け取ることができます。

代替燃料の価格は従来の燃料の3倍から4倍と割高で、契約するといわば割り増し料金を負担する形になりますが、全日空では脱炭素の取り組みに力を入れる企業の利用を見込んでいます。

また、代替燃料は世界の航空燃料全体に占める生産量の割合が0.03%未満にとどまっていて、全日空では、新たなサービスに契約する企業を増やしていくことで、代替燃料の普及にもつなげたいねらいもあります。