N党 立花党首 威力業務妨害などの罪で有罪判決 東京地裁

「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の立花孝志党首が、受信契約者の情報を不正に取得したうえでインターネット上に拡散させると脅し、NHKの業務を妨害したとして、威力業務妨害などの罪に問われた裁判で、東京地方裁判所は「政治活動としての許容範囲を超えたものと言わざるをえない」と指摘して、懲役2年6か月、執行猶予4年の判決を言い渡しました。

NHK党の党首で元参議院議員の立花孝志被告(54)は、3年前、都内で、受信料の契約・収納業務の委託先会社の元社員から受信契約者の情報を不正に取得したうえでインターネット上に拡散させると脅し、NHKの業務を妨害したとして、威力業務妨害などの罪に問われました。

裁判で、立花党首は「政治活動であり、正当な業務行為で違法ではない」などと無罪を主張していました。

20日の判決で、東京地方裁判所の佐伯恒治裁判長は「NHKの営業秘密である情報を動画撮影という形で入手し、その情報を人質のように利用して種々の要求をし、NHKの業務を妨害した」と指摘しました。

そのうえで「落ち度のない受信契約者の個人情報を流出の危険にさらした面もあり、政治活動としての許容範囲を超えたものと言わざるをえない」として、懲役2年6か月、執行猶予4年を言い渡しました。

判決のあと記者会見した立花孝志党首は「私利私欲ではなく政治的思想で行った犯罪なので一切反省していない。執行猶予の理由を裁判所に明確に説明してもらいたいので控訴する」と述べました。

一方、NHKは「判決内容を受け止め、今後も業務への妨害行為などには毅然と対応してまいります。引き続き、個人情報の管理を徹底してまいります」とコメントしています。

N党 党名を変更

「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」は20日、党名を「NHK受信料を支払わない国民を守る党」に変更しました。

党名の変更は20日、事務所がある千葉県の選挙管理委員会に届け出が行われ、夕方、総務省が公表しました。

変更は去年7月に続いて、今回で6回目です。

党は「国民の民意であるNHKのスクランブル放送を実現し、真に公平な受信料制度を確立すべく党名を変更した」というコメントを出しました。