福島 双葉町 きょうから“準備宿泊” 原発事故避難以来初めて

東京電力福島第一原子力発電所の周辺自治体で、唯一すべての住民の避難が続く福島県双葉町で、帰還に向けた準備のために自宅などに寝泊まりする「準備宿泊」が20日から始まります。

東京電力福島第一原子力発電所が立地する双葉町は11年前の事故に伴い、今も大部分で避難指示が続き、原発周辺の自治体で唯一すべての住民の避難が続いています。

町はことし6月から住民の帰還を始めることを目指していて、これを前に20日から、生活再建に向けた準備のため、自宅などに寝泊まりする「準備宿泊」が始まります。

双葉町に住民が寝泊まりできるようになるのは、原発事故で避難して以来初めてです。

準備宿泊の対象となるのはおととし避難指示が解除された町の北東部と、帰還困難区域のうち、避難指示解除に向け除染やインフラ整備が進められているJR双葉駅周辺の地域で、町の面積の15%にあたります。

先月末の段階で人口のおよそ65%に相当する1455世帯3613人が住民票を登録していますが、除染などのために900棟余りの建物が解体されています。

帰還を諦めた人も多く、18日までに準備宿泊を申請したのは7世帯11人にとどまっているということです。

町は今後、産業団地や災害公営住宅の整備を進めて、帰還する住民を増やしていきたいとしています。