カザフスタン 批判受けた前大統領が自身の引退を強調

多数の死傷者が出る事態となった中央アジアのカザフスタンで起きた大規模な抗議活動で、批判の矛先が向けられていたナザルバーエフ前大統領がビデオメッセージを発表し、混乱後はじめて公に姿を現しました。この中で、自身は政界から完全に身を引いていると強調し、国民に国の安定に向けた協力を求めました。

カザフスタンでは今月、政府に対する抗議活動が全土に広がり、政府は「テロ行為」だとして一掃する作戦を進め、220人以上が死亡する事態に発展しました。

抗議活動では、批判の矛先は長期にわたって権力を握ってきたナザルバーエフ前大統領にも向けられましたが、本人の動静は伝えられず、その動向に関心が集まっていました。

こうした中、18日ナザルバーエフ前大統領の公式サイトに、本人による国民向けのビデオメッセージが掲載され、前大統領は「2019年に権限を譲って以来、私は年金生活者で、首都で余生を送っている」と述べ、政界から完全に身を引いていると強調しました。

そして「全権を掌握しているのはトカエフ大統領だ。政権内の争いも対立もない」と述べ、今回の混乱の背景には政権内の権力闘争があるのではといううわさを否定し、国民に国の安定に向けた協力を求めました。

カザフスタンでは、19日非常事態宣言がすべて解除される予定で、ナザルバーエフ氏としては、これを前に完全な引退を表明することで、秩序の安定を図りたい考えがあるものとみられます。

30年近く国を率いたナザルバーエフ前大統領

カザフスタンで、ソビエト時代の1990年から30年近くにわたって国を率いてきたのが、ヌルスルタン・ナザルバーエフ前大統領(81)です。

ナザルバーエフ氏はロシアとの伝統的な友好関係を維持しながら、原油や天然ガスなど豊富な資源を活用して、欧米諸国や中国からも投資を呼び込み、開発を進めることで、カザフスタンを中央アジアの5か国の中で経済的に最も豊かな国に押し上げました。

このためカザフスタンでは、国父=国の父と呼ばれ、圧倒的な支持を集めましたが、富と権力はナザルバーエフ氏の一族や側近たちが事実上独占してきたと批判の声もあがっていました。

ナザルバーエフ氏は2019年、任期の途中で突然大統領を辞任し、側近だったトカエフ氏を後継に指名しましたが、みずからは国家安全保障会議の議長や与党の党首といった要職にとどまりました。

トカエフ政権は、カザフスタンの首都の名称を「アスタナ」からナザルバーエフ氏のファーストネームと同じ「ヌルスルタン」に変更するなど忠誠心を示し、ナザルバーエフ氏は政治の実権を握り続けました。

今回、燃料価格の値上がりをきっかけに大規模な抗議活動が広がる中、参加者からは長期にわたって権力を握るナザルバーエフ氏への批判や政界からの完全な引退を訴える声もあがり、現地からの映像では、ナザルバーエフ氏の像を引き倒す様子も見られました。

トカエフ大統領は、今月5日、これまでナザルバーエフ氏が務めていた国家安全保障会議の議長にみずからが就いたと発表していて、ナザルバーエフ氏の動向が注目されていました。