貸金業法違反 遠山元財務副大臣の初公判 東京地裁で来月14日

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス対策の特別融資を無登録で複数の企業に仲介したなどとして、貸金業法違反の罪に問われている遠山清彦元財務副大臣の初公判が来月14日に東京地方裁判所で開かれることがわかりました。

公明党の衆議院議員だった元財務副大臣の遠山清彦被告(52)は、新型コロナの影響で業績が悪化した企業を支援する日本政策金融公庫の特別融資を、貸金業の登録を受けずに複数の企業に仲介したなどとして、貸金業法違反の罪に問われています。

この事件の初公判が来月14日の午前11時から、東京地方裁判所で開かれることになりました。

東京地検特捜部などによりますと、遠山元議員は、当時の公設秘書2人に指示し、おととし3月ごろから去年6月ごろまでの間に100回以上にわたって、企業などに公庫の担当者を紹介するなどして融資を仲介していたということです。

また、関係者によりますと、遠山元議員は謝礼などとして合わせておよそ1000万円を受け取っていたということで、裁判では、違法な仲介の実態がどこまで明らかになるかが焦点となります。