国交省統計データ書き換え 総務相「意思疎通が不十分だった」

国土交通省の統計データ書き換え問題で、国の統計を所管する総務省が、事前に報告を受けていたにもかかわらず適切な対応を取っていなかったと第三者委員会に指摘されたことを受け、金子総務大臣は、業務の改善に取り組んでいく考えを示しました。

国土交通省が統計のデータを書き換えていた問題で、総務省の第三者委員会は、総務省が、去年8月に国土交通省側からデータの二重計上があった可能性について報告を受けていたにもかかわらず適切な対応を取っていなかったとする報告書をまとめました。

これについて金子総務大臣は、記者会見で「総務省の担当部署の対応が不適切であり、組織内の縦割り意識や各府省との意思疎通が不十分だったなどの課題が指摘された」と述べました。

そのうえで「指摘を真摯(しんし)に受け止め、今後の総務省の業務改善にしっかり取り組み、統計の信頼回復に努めていきたい」と述べました。