施錠された郵便受け 勝手に開け配達 郵便局配達員が不適切行為

先月、埼玉県内の郵便局に勤める配達員が、荷物を配達する際、施錠された郵便受けを勝手に開けていたことが分かりました。
日本郵便は、不適切な行為だったとして17日、全国の郵便局に対し、こうした行為をしないよう注意喚起しました。

先月、NHKの情報提供窓口「ニュースポスト」に、埼玉県の女性から「自宅の鍵つきの郵便受けを勝手に開けられ、定形外郵便を入れられた。3回同じことが続き、怖い」という投稿が寄せられました。

これを受けてNHKが日本郵便を取材したところ、女性が住む地域を担当する配達員が、荷物が郵便受けの差し入れ口に入らない大きさだったことから、施錠されていた郵便受けを勝手に開けていたことがわかりました。

この郵便受けの鍵はダイヤルを回し、数字を合わせて開け閉めするタイプのもので、日本郵便によりますと、配達員は「ダイヤルを回したら開いたので郵便物を入れた。再配達は利用者の負担になるので悪いこととは思わなかった」と話しているということです。

また、これ以前にも、同じ方法で、この住宅の郵便受けを2回開けたと説明しているということです。

この郵便受けは、数字を2つ合わせて鍵を開けるタイプで、施錠する際、ダイヤルを1回転以上回さないと、数字を1つ合わせるだけで開く場合があるということです。

日本郵便は、施錠された郵便受けを勝手に開けて荷物を届けるのは不適切な行為だったとして、17日、全国の郵便局に対し、こうした行為をしないよう注意喚起しました。

日本郵便は「大変不快な思いをさせてしまい申し訳ありません」とコメントしていて、再発防止を徹底するとともに、同様のケースがほかにないかも調べています。

「何をされたか分からず 怖かった」情報を寄せた女性

今回の問題は、NHKの情報提供窓口「ニュースポスト」に寄せられた情報をきっかけに取材しました。

情報を寄せたのは埼玉県の女性です。

先月、仕事から帰って自宅の郵便受けを開けたところ、郵便受けの差し入れ口からは決して入らないサイズの箱が入っていたということです。

箱に入っていたのは、夫がインターネットで注文した商品で、郵便配達で届けられたものでした。
鍵を開けなければ絶対に入るはずのない大きさの郵便物が入っていたことが、それまでに2度あり「今回は確実に施錠した」という確信があった女性。

何らかの方法で、配達員が勝手に郵便受けを開けたのではないかと不審に感じ、日本郵便の窓口に連絡するとともに、NHKに情報を寄せたということです。

情報に基づいてNHKが日本郵便に取材したところ、配達員が会社側の聴き取りに対し、ダイヤルを回して郵便受けの鍵を開けたことを認めたということです。

女性は「入るはずのない大きさの荷物が入っていたので、何をされたか分からず、怖かったです。こんなことは絶対にしないでほしい」と話していました。

SNS「不快な思い」同様の事例が複数投稿

SNS上では「うちに来てくれる郵便配達の人、鍵ついてるポスト普通に開けて中に押し込んでいく」とか「ダイヤル式の鍵付きの家のポストを、何事もなかったかのようにクルクルと回して開けて、郵便を入れていきました」など、今回のケースと同じように、施錠した郵便受けを開けられたと指摘する声が複数、投稿されています。

また「どーやって鍵の番号を知ったのか…キモい。ダイヤル式のポストを使っている方、家の鍵とか入れといちゃダメ」など、不快な思いをしたと訴える声も書き込まれています。

日本郵便は、これまでのところ、今回のケースのほかには同様の事例は確認していないとしていますが、寄せられた相談などをもとに確認作業を進めています。

宅配便の利用の拡大 再配達が課題 “置き配”の活用も

施錠された郵便受けを開けた理由について「再配達は利用者の負担になる」と話したという今回の配達員。

長引くコロナ禍、そしてネット通販の利用拡大によって、宅配便の利用は増えていて、昨年度の宅配便の取り扱い個数は48億個余りと、前の年度よりおよそ5億個多くなりました。

利用の拡大に伴って課題になっているのが再配達です。

利用者だけでなく配達員にとっても大きな負担になっていて、再配達を減らすため、利用者が留守の場合、荷物を玄関先などに置く、いわゆる「置き配」が普及しています。

このうち日本郵便の場合、宅配ボックスのほか、玄関の前や電気やガスのメーターボックス、物置やガレージなど、配達場所を指定する書類をあらかじめ最寄りの郵便局に提出すれば利用することができ、活用を呼びかけています。