大学入学共通テスト2日目 警備強化で実施 津波情報で中止も

「大学入学共通テスト」は16日、一時、出されていた津波警報の影響で試験が中止された岩手県の1つの会場を除き、2日目の試験が行われています。
また、15日、東京大学の門の前で受験生など3人が切りつけられた事件を受け、全国の会場では警備体制を強化して対応しています。

切りつけ事件で警備強化 感染対策も

およそ53万人が出願している大学入学共通テストは、15日と16日の2日間の日程で本試験が実施され、2日目の16日は理科と数学の試験が行われます。

共通テストを実施する大学入試センターによりますと、津波警報が出されていた影響で岩手県宮古市の会場で、16日の試験が中止されましたが、そのほかの676の会場で試験が実施されています。

15日、東京 文京区の東京大学の門の前で受験生など3人が切りつけられる事件があったことから、東京大学では16日は正門付近に警察官2人が立ち警察車両も控える中、スタッフが受験票の提示を求めていました。

事件をうけ全国の会場で警備体制を強化していて、東京 目黒区の東京工業大学でも、正門近くに警察が常駐したり、警備員が学内を巡回したりして対応していました。

会場内では受験生の席の間隔をあけるなど感染対策が徹底されていて、午前9時半から試験が行われています。

高校3年の女子生徒は、「15日は特に国語が難しかったです。会場は換気がしっかりしていて席の間隔も離れていたので安心しましたが、帰りの電車が混雑していたので感染が少し怖かったです。2日目も冷静に頑張りたいです」と話していました。

【岩手県】1会場で中止 追試験を実施へ

岩手県宮古市の「岩手県立大学宮古短期大学部」の会場では、15日と16日の本試験で195人が受験することになっていましたが、午前11時20分まで出されていた津波警報による交通機関の影響で試験は中止となりました。

受験生は2週間後の今月30日に同じ会場で行われる「再試験」の対象となっています。

一方、避難指示などにより受験できなかった場合について、大学入試センターは当初、再試験で対応すると公表していましたが、これを訂正し、「追試験」で対応すると発表しました。

追試験は、今月30日にあらかじめ定められた全国48か所の追試験会場で実施される予定で、大学入試センターは、受験を希望する場合は
▽16日中に受験票に記載された「問い合わせ大学」に連絡をするか
▽17日午後5時までに大学入試センターに連絡をして欲しいと、
ホームページで呼びかけています。

大学入学共通テストを担当する岩手県立大学宮古短期大学部狩野徹実施本部長は「津波がいつ発生するか分からない中、万全でない状態で試験を実施するべきではないと判断し、中止を決定しました。受験生の不利にはならないよう会場側も万全の準備をしますので、安心して臨んでもらえたらと思います」と話していました。

【東京・千葉・宮城】8会場で開始繰り下げ 3392人に影響

また、津波注意報や人身事故で交通機関のダイヤが乱れた影響で宮城県と千葉県、東京都の8つの会場で、午前9時半からの試験の開始が繰り下げられ、16日正午過ぎの時点で、あわせて3392人に影響が出ているということです。

このうち、
▼千葉県東金市の城西国際大学の会場では、津波注意報に伴うJRの運転見合わせなどで、出願していた1300人の試験開始が1時間繰り下げられたほか
▼東京 千代田区の法政大学市ヶ谷キャンパスの会場では、人身事故による交通機関の遅れにより、出願している2083人の試験開始が1時間繰り下げられています。