気象庁「津波警報の地域 被害発生のおそれ 安全な場所へ避難」

気象庁の宮岡一樹地震情報企画官は午前2時から記者会見し「津波警報が発表されている地域では被害が発生するおそれがある。沿岸部や川沿いにいる人は直ちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してほしい。津波は繰り返し襲ってくるので警報が解除されるまで安全な場所から離れないでほしい。また注意報を発表している地域では潮の流れが速い状態が続くので海岸から離れ、警報や注意報が解除されるまで海に入ったり近づかないようにしてほしい」と呼びかけました。

「日本周辺で大きな潮位変化が観測され防災対応呼びかけ」

また15日夜、いったんは「被害の心配はない」と発表したにものの、その後、津波警報や注意報を発表した理由について「潮位変化の正確な原因は分かっていないがトンガと日本の間の観測点で津波が観測されていないにもかかわらず、日本周辺で大きな潮位変化が観測されたため津波警報の仕組みを使って防災対応を呼びかけることにした」と説明しました。

「警報や注意報の解除の見通しは立っていない」

今後の見通しについては「さらに大きな潮位変化が観測された場合には注意報を警報に切り替える可能性がある」としたうえで「今回は影響が長く続くと考えている。通常の地震による津波とは異なりどういったことが起きているのか分かっておらず警報や注意報の解除の見通しは立っていない。解除されるまで安全な場所にとどまってほしい」と呼びかけました。

今回、噴火のあとに日本の広い範囲で気圧が2ヘクトパスカルほど上がる変化が確認されたということです。気象庁は潮位変化との因果関係については分からないとしていて、今後調査するということです。