津波警報 奄美群島などで高台や高い階へ 車渋滞で歩いて避難も

津波警報が出ている鹿児島県の奄美群島などでは、住民やホテルの宿泊客などが高台などに避難しています。奄美群島では、地域によっては車が渋滞し、歩いて避難しているところもあるということです。各地の状況をまとめています。

奄美大島 奄美市のホテル「朝にかけ満潮に 寝ずに警戒」

奄美大島の名瀬港の近くにある奄美市名瀬塩浜町の10階建ての「奄美ポートタワーホテル」には、宿泊客50人ほどと近くの住民20人ほどが避難しているということです。

ホテルの従業員の幸輝久さんは「最上階の10階のレストランを開放して避難を受け入れています。いつまで警戒状態が続くのか分からないことが一番不安です。これから朝にかけて満潮になるので、避難している人たちは皆、寝ずに警戒すると言っていました」と話していました。
(午前4時50分時点)

奄美大島 龍郷町のホテル「朝の満潮の時間帯の津波が心配」

津波警報が出ている奄美大島の龍郷町の海沿いにあるホテル「奄美リゾートばしゃ山村」の宮島陽平さんは「ホテルは海の目の前にありますが、被害やいつもと変わった様子はありません。万が一の場合には宿泊客を裏山に避難させられるよう、準備をしています。このあと、朝にかけて満潮になるので、その時間帯に津波が来ないかが心配です」と話していました。

気象庁によりますと、奄美大島が満潮となるのは16日午前6時半ごろとなっています。
(午前3時15分時点)

奄美大島 大和村 人口の半数以上が避難

奄美大島の中央部に位置し、避難指示が出ている大和村では、防災行政無線で呼びかけたり消防団員が集落を回ったりして、村民に高台への避難を呼びかけています。

村によりますと、1400人余りの人口のうち、半数以上の800人余りが避難したということです。

また、これまでのところ、被害の情報は入っていないということです。
(午前2時40分時点)

奄美大島 宇検村 防災行政無線で高台への避難呼びかけ

奄美大島の南西部に位置する宇検村では、防災行政無線を通じて村民に呼びかけ、高台への避難を進めているということです。

また、村内にある14の集落の区長を通じて情報収集を行っていますが、これまでのところ被害の情報は入っていないということです。
(午前2時20分時点)

奄美大島 海上タクシー業者「仕事で使う船が心配」

奄美大島の瀬戸内町で海上タクシーを営む泰勝仁さんは「家は高台にあるのですが、目の前にある道路が避難しようとしている車で渋滞しています。みんな慌てた様子で高いところへ避難しています」と話しています。

そのうえで「津波の情報を家のテレビで確認しています。海は暗くて見えないのですが、仕事で使う船がどうなっているか心配です」と話していました。

泰さんが午前2時前に撮影した映像では、2車線の道路に数十台の車が止まっていて、渋滞していることが確認できます。

また、歩いて避難している人の様子も確認できます。

奄美 名瀬小湊「年配の人たちの見回り進める」

1メートル20センチの津波を観測した奄美市名瀬小湊の栄嘉弘区長はNHKの取材に応じ「今のところ、集落まで津波が来たという情報や被害の情報は入っていない。市の防災行政無線で避難が呼びかけられ、一時集落内は慌ただしい状態になっていた。これから集落内の年配の人たちの見回りなどを進めるつもりだ」と話していました。
(午前1時50分時点)

トカラ列島 中之島の住民「島民の半分近い約50人が避難」

津波警報が出ているトカラ列島の十島村・中之島に住む羽生慎さんは「警報のサイレンが鳴ってすぐに高台の施設に避難してきた。今は島民の半分近いおよそ50人が避難してきていて、同時に消防団が島内の見回りをしている。これまでに被害の情報は入っていないが、家が海の近くにあるので、いつ警報が解除されるのか分からず心配だ」と話していました。
(午前1時50分時点)

奄美市のホテル「今のところ波の高さに変化はない」

奄美市の名瀬港の近くにある「ホテルウエストコート奄美」の従業員の男性は「近くに住む10人ほどがホテルに避難してきて、1階で待機してもらっているが、大きなトラブルなどは起きていない。放送では高さ30センチほどの津波が到来すると伝えられているが、今のところ波の高さに変化はないようだ」と話していました。

奄美大島 瀬戸内警察署「車で避難で渋滞発生」

津波警報が出ている鹿児島県の奄美大島の瀬戸内町と宇検村を管轄する瀬戸内警察署によりますと、16日午前1時20分までに、津波の被害の情報は入っていないということです。

また、市街地側では住民が車で避難していて、渋滞が発生している場所もあるということです。

奄美市の小学校には住民が避難

奄美市の高台にある伊津部小学校によりますと学校の駐車場に住民が避難してきているということで、体育館を開放して対応に当たっているということです。

奄美大島 瀬戸内町のホテル「高台や高い階へ避難」

鹿児島県の奄美大島の瀬戸内町にあるホテルの担当者は、「14人が宿泊していたが、そのうち半分は自家用車で高台に避難し、残りの半分はホテルのより高い階への垂直避難をしています。今のところ変化はないので、状況を注視したいと思います」と話していました。

奄美市の民宿「車が列になって動かず歩いて避難も」

津波警報が出ている鹿児島県の奄美大島の奄美市の高台にあり、一時避難所に指定されている民宿兼飲食店の男性は「駐車場に車が15台程度集まっていて、中の人はラジオを聞いたり携帯電話を触ったりしている。店の前は1車線の道路だが、車が2列になって動かない状態になっている。店の駐車場にはまだ空きがあるが、入り口がふさがって入れなくなっている。車を下に止めて歩いて避難している人もいるようだ。この先どうなるのか、想像もつかない」と話していました。

徳之島町職員「住民が歩いて山のほうに避難」

津波警報が出ている鹿児島県の徳之島の徳之島町では16日午前0時50分までに津波の被害の情報は、入っていないということです。

徳之島町総務課の職員は「私が役場へ向かう途中に住民の方が数名、歩いて山のほうに避難していたり、車で移動したりしていました。役場では防災行政無線を使って避難を呼びかけています」と話していました。

瀬戸内町役場「たくさんの住民が高台に避難」

16日午前0時45分の時点で鹿児島県の奄美大島にある瀬戸内町では被害の情報は入っていないということです。

瀬戸内町役場の男性職員は「車を使ってたくさんの住民が高台に避難している状況だ。今のところ被害の報告はないが、警察などがパトロールをして被害を確認している。いまは防災行政無線で住民に高台へ避難するよう呼びかけているところだ」と話しています。