雪下ろし中に屋根から転落か 75歳男性が死亡

15日夕方、山形県白鷹町で75歳の男性が自宅近くの小屋の軒下で倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。警察は、雪下ろし中に屋根から転落したとみて調べています。

15日午後4時すぎ、山形県白鷹町十王の原田周二さん(75)が自宅近くの小屋の軒下で倒れているのを妻が見つけ、消防に通報しましたが死亡が確認されました。

警察によりますと、小屋の屋根には1メートルほどの雪が積もっていて、はしごがかかっていたほか、シャベルがあったということです。

警察は雪下ろしをしていて屋根から転落したとみて、詳しい状況を調べています。

東北地方では15日、秋田県横手市でも屋根の雪下ろし中に転落したとみられる64歳の男性が死亡したほか、岩手県花巻市では雪が積もった物置小屋が倒壊して2人が下敷きとなりこのうち35歳の女性が死亡するなど、雪による事故が相次いでいます。