オリックス 宮城「防御率のタイトル取りたい」

プロ野球 オリックスで昨シーズン新人王に輝いた宮城大弥投手が自主トレーニングを行い、「ピッチャーとしては防御率のタイトルを取りたい」と、主要な投手部門でのタイトル獲得に意欲を見せました。

宮城投手は2年目の昨シーズン、開幕から先発ローテーションを任されると、リーグ2位の13勝をマークしてチームの25年ぶりのリーグ優勝に貢献し、パ・リーグの新人王に輝きました。

15日は、大阪 此花区の球団施設で自主トレーニングを行い、ウォーミングアップやランニングをしたあと、足の運びなどフォームを確かめるようにして、およそ30メートルの距離でキャッチボールを行っていました。

宮城投手は、ことしを漢字1文字で表すならという質問に対して、「勝」の字を挙げて「まずは勝ってチームに貢献できたらいい年になると思うので、チームへの貢献を優先したい」と話していました。

そのうえで「調子は関係無しに中6日でローテーションを回すことがいちばんの目標で、先輩から1つタイトルを取りたい。ピッチャーとしては防御率のタイトルを取りたい」と話し、昨シーズンパ・リーグの投手部門で最優秀防御率を含む4つのタイトルを獲得した、山本由伸投手にライバル心を燃やし、タイトル獲得に意欲を見せました。