受験生ら切りつけ 逮捕の高2「事件起こし死のうと思った」供述

15日午前、大学入学共通テストの会場になっている東京大学の門の前で受験に来ていた高校生の男女など3人が刃物で切りつけられてけがをし、警視庁は名古屋市に住む高校2年生の17歳の男子生徒を殺人未遂の疑いで逮捕しました。調べに対して「勉強がうまくいかず事件を起こして死のうと思った」などと供述しているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

15日午前8時半ごろ、東京 文京区の東京大学の門の前の歩道で「刃物で切りつけられた」と通報がありました。

警視庁によりますと、大学入学共通テストの受験に来ていた18歳の男子高校生と17歳の女子高校生、それに72歳の男性が切りつけられてけがをし、病院で手当てを受けています。

3人はいずれも背中付近を包丁のようなもので切りつけられ意識はあるということですが、72歳の男性は重傷だということです。

警視庁によりますと、名古屋市に住む17歳の高校2年生の男子生徒が現場で取り押さえられ、殺人未遂の疑いで逮捕されました。

男子生徒は受験生ではなく、名古屋市内の高校に通っていて、14日、家族から行方不明届が出されていたということです。

男子生徒は学生服姿だったということで、最初に72歳の男性に切りつけたとみられています。

警視庁によりますと被害者と面識はなく、調べに対して「勉強がうまくいかず事件を起こして死のうと思った」などと供述しているということです。

この事件の直前には、3人が切りつけられた現場からおよそ100メートルほど離れた東京メトロ南北線の「東大前駅」の構内で木片が焼けるぼやがあり、男子生徒は「自分が火をつけた」などと話しているということです。

警視庁は、事件前の男子生徒の行動を含めて詳しいいきさつを調べています。

東京大学 本郷試験場 試験は通常どおり開始

東京大学の本部広報課では「事件の詳細など詳しいことはわかっていない。現在状況を確認している」としています。

東京大学の本郷試験場では、およそ3700人が大学入学共通テストを受験する予定で、大学では試験は午前9時半から通常どおり始まったとしていますが、詳しい情報は確認中だとしています。

大学生「あまりにも気の毒」

東京大学に通う1年生の男子学生は「救急車が通ったので何があったのかと思いました。こんな日に事件に巻き込まれるのはあまりにも気の毒でかわいそうです。自分だったら耐えられません」と話していました。

東大前駅でぼや 警察が関連調べる

東京消防庁などによりますと、15日午前8時半前、東京メトロ南北線の東大前駅の構内で木片が焼けるぼやがあったほか、そのおよそ10分後には王子神谷駅付近で電車内の床に液体がこぼれているのが見つかったということです。

いずれもけがをした人はおらず、電車の運行にも影響は出ていないということです。

また、東京消防庁がこぼれていた液体を調べたところ、飲料水と確認されたということです。

警視庁が東京大学で受験生などが切りつけられた事件との関連を調べています。

東京メトロ「安全対策強化も誠に遺憾」

東京メトロによりますと、南北線の東大前駅の構内では15日午前8時半ごろ、黒っぽい服を着た男が火がついた木片のようなものを改札口付近に投げ捨て、そのまま1番出口から逃走したということです。

駅員がすぐに消火にあたり、けがをした人はいませんでした。

東京メトロ広報課の渡辺太朗課長は「警備や安全対策を強化している中、東京大学の最寄り駅でこうしたことが起き、誠に遺憾だ。きょうのために準備してきた受験生はとても不安だったと思う」と話していました。