軽井沢スキーツアーバス事故から6年 現場近くで安全誓い追悼

長野県軽井沢町でスキーツアーのバスが道路脇に転落し、大学生など15人が死亡した事故から15日で6年です。遺族らは15日、バス業界や旅行業界の関係者などと事故現場近くで安全を誓う集会を開き、亡くなった人たちを追悼します。

6年前の平成28年1月15日、長野県軽井沢町でスキーツアーのバスがカーブを曲がり切れずに道路脇に転落し、大学生など15人が死亡し、26人がけがをしました。

事故から6年となる15日、現場近くで、遺族たちの呼びかけでバス業界や旅行業界、それに国や町の関係者が出席して安全を誓い合う集会が開かれることになっています。

現場近くで、バス業界などの関係者が一堂に会した集会が開かれるのは今回が初めてで、出席者たちは、安全な運転や再発防止を誓い合ったあと、犠牲者の名前が刻まれた慰霊碑に移動して、花を手向けるなどして追悼することにしています。

また、慰霊碑には亡くなった学生が通っていた大学の関係者なども訪れて、祈りをささげる予定です。

この事故を巡っては、バスを運行していた東京の会社の社長と、運行管理を担当していた元社員が業務上過失致死傷の罪で起訴され、去年10月から裁判が行われています。

西原季輝さんの母親「ずっと忘れることできない」

6年前の軽井沢町でのバス事故で亡くなった西原季輝さん(当時21)の母親は、「あっという間に丸6年が過ぎました。あのかわいかった笑顔をもっと見たかったですし、ずっと忘れることはできません」とコメントを出しました。

この中で、この事故をめぐって去年10月から行われているバス運行会社の社長と元社員の裁判について、「2人の被告は『運転手が事故を起こすとは思わなかった』と言っていますが、運転手だけのせいにはなりません。今後の裁判で2人の被告の責任が明らかになるよう当時の状況を知る人たちの証言を待ちたいと思います」としています。

さらに「バスに限らず、トラックやタクシー、自転車に乗る人も全ての人が我先にと進むのではなく、周りに配慮した余裕のある運転をしてほしいです。そうすることで事故は必ず減っていくと思います」と事故防止や安全への思いなどがつづられています。