きょうから「大学入学共通テスト」全国677会場 53万人が出願

新型コロナの感染が急速に広がる中、全国で53万人が出願している「大学入学共通テスト」が、15日から始まります。

「大学入学共通テスト」は、大学入試センター試験に代わって去年から始まり、2回目となることしは本試験が15日と16日、全国677の会場で行われ、追試験が今月29日と30日の日程で実施される予定です。

ことしの志願者数は53万367人に上り、結果は全国864の大学などで入試に利用される予定です。

共通テストを実施する大学入試センターでは、「受験上の注意」の冊子にある「健康観察記録」に検温結果を記したうえで持参することや、会場の換気の際に寒くないよう上着などの防寒着を用意するよう呼びかけています。

濃厚接触者となった受験生については、
▽保健所が実施するPCR検査などで陰性で、
▽受験当日も無症状であること、
▽公共交通機関を利用せずに試験場に行き、
▽別室で受験することが要件となっています。

公共交通機関については、「タクシー」と「ハイヤー」、それに「海上タクシー」は一定の条件のもと利用が認められています。

急速な感染拡大を受け、文部科学省は試験4日前の今月11日、陽性者や濃厚接触者となり本試験も追試験も受けられなかった際の救済策として、個別入試で合否判定するよう各大学に異例の要請をしています。

大学入学共通テストは、15日午前9時半から地理歴史・公民の試験が行われます。