スポーツ

スキーフリースタイルモーグルW杯 日本勢が男女で優勝

スキーフリースタイルモーグルのワールドカップは14日、第9戦が行われ、日本勢は堀島行真選手と川村あんり選手の男女のエースがそろって優勝し、いずれも今シーズン3勝目を挙げました。
モーグルのワールドカップ第9戦は14日、アメリカで行われました。

男子では、日本のエース、堀島選手が決勝の1回目をトップで通過し、2回目もジャンプ台を使って飛び上がる得意の「エア」で持ち味の高さとキレを見せて、ただ1人17点台の高い評価を得るなど84.04をマークし優勝しました。

堀島選手は今シーズン3勝目で、開幕から9戦連続で表彰台と好調を維持しています。

女子は17歳 高校生の川村が優勝

一方、女子ではエースで17歳の高校生 川村選手が、持ち味の安定したターンでジャッジの最高評価を得るなど80.89をマークし優勝しました。

川村選手も今シーズン3勝目で、これで4戦連続の表彰台となりました。

北京オリンピックの開幕まで3週間を切りましたが、オリンピック前では最後となる第9戦で日本の男女のエースが最高の結果を残しました。

このほかの日本勢は、男子で杉本幸祐選手が5位。

女子では柳本理乃選手が8位、住吉輝紗良選手が10位、星野純子選手が11位、冨高日向子選手が13位でした。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。