大相撲初場所6日目 横綱 照ノ富士が初黒星 平幕 玉鷲に敗れる

大相撲初場所は6日目。勝ちっ放しだった横綱 照ノ富士は、平幕の玉鷲に敗れて、今場所初黒星を喫しました。

中入り後の勝敗です。

▽魁聖に十両の武将山は、武将山につき手があり、魁聖が勝ちました。

▽剣翔に若元春は、剣翔がすくい投げ。

▽栃ノ心に王鵬は、王鵬が寄り切り。

▽一山本に琴ノ若は、琴ノ若が押し倒し。

▽豊山に琴恵光は、琴恵光が押し出し。

▽千代大龍に石浦は、千代大龍が突き出しで勝ちました。

▽碧山に佐田の海は、碧山が押し出し。

▽照強に千代丸は、照強が切り返し。

▽天空海に千代の国は、天空海がはたき込み。

▽翔猿に妙義龍は、翔猿が突き落とし。

▽阿炎に志摩ノ海は、阿炎が上手投げで勝って6連勝としました。

▽千代翔馬に阿武咲は、千代翔馬が寄り倒し。

▽豊昇龍に隠岐の海は、隠岐の海が上手投げ。

▽北勝富士に宝富士は、北勝富士が押し出し。

▽霧馬山に宇良は、宇良が送り出し。

▽若隆景に明生は、若隆景が押し出し。

▽遠藤に御嶽海は、御嶽海が押し出し。御嶽海は6連勝です。

▽隆の勝に大栄翔は、隆の勝が押し出し。

▽大関 正代に逸ノ城は、逸ノ城が寄り切り。正代は3敗目です。

▽玉鷲に横綱 照ノ富士は、玉鷲が突き落としで勝って金星をあげました。照ノ富士は今場所初黒星です。

初場所は6日目を終えて、照ノ富士が1敗に後退し、御嶽海と阿炎の2人が初日から6連勝としています。

新入幕 王鵬 4勝目「毎日楽しく相撲が取れている」

新入幕の王鵬は、大関経験者の栃ノ心を破って4勝目をあげ「めちゃくちゃ重かった。つかまってしまったので、完璧とまではいかないが、前に出られたのでよかった」と、14日の取組を振り返りました。

そして「毎日楽しく相撲が取れている。気分がいい」と充実した様子でした。

阿炎は、志摩ノ海に土俵際まで追い込まれたものの、逆転勝ちで6連勝とし「特に勝敗は意識していない。もっと攻められたらよかったが、思ったより手が回転しなくて引いてしまった。流れで体も動いた」と振り返りました。

一方の志摩ノ海は「十両の時も、ほぼ同じ形で負けているので、もっと学習しないといけない」と反省を口にしていました。

宇良は霧馬山を、うしろからつり上げて送り出しで破り「自分の力を出し切ることに集中した。体が勝手に動いた」と、ひょうひょうと答えていました。

若隆景は厳しい攻めで小結 明生を破り「いつもどおり下からという意識だけ。一日一番、しっかり自分の相撲を取っていきたい」と冷静でした。

関脇 御嶽海は、鋭い出足で遠藤を押し出して6連勝とし「立ち合いはよかったと思う。状態はめちゃくちゃいいので、気持ちを高ぶらせて中盤戦も気持ちよく過ごしたい」と話していました。

また、14日に横綱が敗れたことを聞かれると「自分の相撲だけ意識して周りを気にせずやっていきたい」と気を引き締めていました。

逸ノ城は、大関 正代を破った一番について「我慢してよかった。きょうも慌てなかったので、しっかりと慌てないでどしっとした相撲を取っていきたい」と、この先を見据えました。

玉鷲は、横綱 照ノ富士の本場所での連勝を「23」で止める金星をあげ「いつも負けていたので、ようやく勝ててよかった。まだこれから、一番一番、自分の相撲を取っていきたい。いい相撲を取っていきたい」と興奮気味に答えていました。

一方、1敗となった照ノ富士は、取材に応じず会場をあとにしました。