“生活費に困って” 窃盗事件 実行役SNSで勧誘か 39歳母親逮捕

東京都内で1200万円分の高級腕時計が盗まれた事件で、実行役をSNSで集めたとして39歳の母親が逮捕されました。警視庁によりますと、ほかにも20人以上を犯罪グループに紹介して報酬を受け取っていた疑いがあり「4人の子どもがいるが、新型コロナで収入が減り生活費に困っていた」などと供述しているということです。

逮捕されたのは、岐阜県多治見市の杉本智代容疑者(39)です。

警視庁によりますと、去年5月、東京 武蔵野市の時計店から高級腕時計24点、およそ1200万円分が盗まれた事件で、実行役をSNSで集めたなどとして窃盗の疑いが持たれています。

指示役から連絡を受けて「稼げるバイトあります。泥棒の仕事です」などと勧誘し、報酬を受け取っていたとみられています。

警視庁によりますと、調べに対して容疑を認め「夫と4人の子どもがいるが、新型コロナで収入が減り生活費に困ってやった」などと供述しているということです。

容疑者自身もSNSで仕事を探していて犯罪グループと知り合い、窃盗や詐欺の実行犯を集めるリクルート役を任されていたということです。

警視庁は、ほかにも20人以上を集めて犯罪グループに紹介し、報酬を受け取っていた疑いがあるとして捜査しています。