官房長官 “拉致被害者の帰国実現に全力” 知事の会との面会で

松野官房長官は、北朝鮮による拉致被害者の早期救出を求める知事の会と面会し、家族も高齢となる中、一刻の猶予もないとして、すべての被害者の一日も早い帰国実現に向けて全力で取り組む考えを強調しました。

拉致問題を担当する松野官房長官は14日、総理大臣官邸で「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」の神奈川県の黒岩知事、新潟県の花角知事、鳥取県の平井知事と面会しました。

この中で知事の会は、一層の外交努力によって事態を打開し被害者の救出のための協議を行うことや、拉致問題が解決しないかぎり国交正常化や経済支援を行わないこと、日朝首脳会談の実現を見据え、具体的な成果を早期に出すことなどを求める要望書を手渡しました。

これに対し、松野官房長官は「拉致問題は岸田内閣の最重要課題だ。家族も高齢になる中、もはや一刻の猶予もない。すべての被害者の1日も早い帰国実現に向け、あらゆるチャンスを逃すことなく政府として全力で取り組んでいく」と述べました。

このあと、黒岩知事は記者団に対し「北朝鮮は私たちの思いを踏みにじる形でミサイル発射を強行し続けており、絶対に許せない。ミサイルの問題も含めた怒りの気持ちと拉致被害者を全員返してくれという思いを国民の総意として伝え続けることが大事だ」と述べました。