岸防衛相 馬毛島の自衛隊基地建設「地元の理解に最大限努力」

鹿児島県西之表市の馬毛島にアメリカ軍の訓練などに使う自衛隊基地を建設する政府の決定に、地元から反発が出ていることについて、岸防衛大臣は理解と協力を得られるよう努める考えを重ねて示しました。

馬毛島での基地建設をめぐり、政府は、建設費用を盛り込んだ新年度予算案を先月、閣議決定し、今月7日に行われた日米の外務・防衛の閣僚協議、いわゆる「2プラス2」では、基地建設の決定をアメリカ側に伝えましたが、地元の市長は「今回の決定は性急で、住民が置き去りにされている」と強く反発しています。

これについて、岸防衛大臣は閣議のあとの記者会見で「施設整備にあたり、防衛省としては、地元の理解と協力を得ることが大変重要だと認識している。累次にわたり関係自治体に検討状況を説明してきた」と述べました。

そのうえで「地元の理解が広がり、より多くの協力をえられるよう最大限の努力をする」と述べました。