3回目接種「地方自治体と緊密に連携し取り組み強化」官房長官

松野官房長官は、閣議のあとの記者会見で、新型コロナワクチンの3回目の接種について「厚生労働省から各自治体に対し、接種間隔の前倒しに向けて、大規模接種会場の設置や接種券の送付などの取り組みを進めてもらうよう要請するとともに、接種券がなくても接種できることを改めて周知した。国としても必要なワクチンの確実な供給や自衛隊による大規模接種会場の設置など自治体の取り組みを支援し、地方自治体と緊密に連携しながら政府一丸となって取り組みを強化していきたい」と述べました。