英 印とFTA交渉開始を発表 アジア太平洋地域で経済関係強化へ

EU=ヨーロッパ連合からの離脱をきっかけにアジア太平洋地域との経済関係強化を目指しているイギリスは、インドとFTA=自由貿易協定の交渉を開始すると発表し、この地域を重視する姿勢を一段と強めています。

イギリスはEU離脱を受けてヨーロッパ以外の地域との関係強化を通じて経済成長を図る戦略を打ち出していて、日本を含むアジア太平洋地域をその柱としています。

13日、イギリスはインドとの間でFTA交渉を開始することで合意したと発表しました。

今月17日に交渉を始める予定だとしています。

実現すれば特産のウイスキーや自動車などを中心にインドへの輸出が倍増する可能性があるとしていて「インドとの協定は、この地域との貿易に力を入れるイギリスの戦略において大きな前進となる」として期待を示しました。

イギリスは、オーストラリアやニュージーランドともFTAで合意したほか、日本を含む11か国が参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定の加入に向けて交渉していて、アジア太平洋地域を重視する姿勢を一段と強めています。