海部俊樹元首相が死去 91歳

平成元年から2年余りにわたって総理大臣を務め、湾岸戦争を受けて、創設以来初めて本格的な自衛隊の海外派遣を決断するなどした、海部俊樹・元総理大臣が今月9日、東京都内で老衰のため亡くなりました。
91歳でした。

海部元総理大臣は、昭和6年に名古屋市に生まれ、早稲田大学に在学中は多くの政治家を輩出してきた、「雄弁会」に所属しました。

昭和35年の衆議院選挙に旧愛知3区から立候補して初当選し、平成21年の衆議院選挙で落選するまで16回連続で当選しました。

この間、三木内閣で官房副長官を務めた後、福田内閣と第2次中曽根第2次改造内閣で2度、文部大臣を務めました。

平成元年の参議院選挙で自民党が敗れ、当時の宇野総理大臣が退陣を表明すると、海部氏は自民党総裁選挙に立候補しました。

そして早稲田大学の先輩にあたる竹下元総理大臣が率いる、当時の竹下派の支援などを得て当選し、第76代の総理大臣に就任し、初めての昭和生まれの総理大臣が誕生しました。

海部氏は水玉模様のネクタイをトレードマークに、クリーンなイメージで国民の支持を集め、平成2年の衆議院選挙で自民党を勝利に導きました。

平成2年8月にイラク軍がクウェートに侵攻し、湾岸戦争に発展すると、海部政権は多国籍軍に総額130億ドルの資金を提供しました。

停戦後には海上自衛隊の掃海艇をペルシャ湾に派遣することを決断し、自衛隊は創設以来初めて本格的な海外での任務に携わりました。

その後、海部氏は政治改革に取り組み、小選挙区制度の導入を柱とする政治改革関連法案を国会に提出しましたが、中選挙区の維持を求める党内勢力の反発を受け法案は廃案となり、海部氏は平成3年11月に退陣しました。

平成6年6月、海部氏は政権から転落した自民党が政権復帰に向けて、社会党、新党さきがけと連立政権を発足させることで合意したことに強く反発し、当時の新生党の小沢一郎氏らに、統一候補として擁立される形で総理大臣指名選挙に臨みました。

しかし、自民・社会・さきがけの3党が擁立した村山富市氏に敗れ、その後、平成6年12月に小沢氏や羽田孜氏らとともに新進党を結成し、初代の党首に就任しました。

新進党の解党後は、自由党、保守党、保守新党でいずれも最高顧問を務め、平成15年11月に保守新党が自民党に合流したのに伴って9年ぶりに自民党に復党し、平成17年の衆議院選挙で16回目の当選を果たしましたが平成21年の衆議院選挙ではやぶれ、政界を引退しました。

岸田首相が談話「政治改革の前進に尽力」

海部元総理大臣が死去したことを受けて、岸田総理大臣は談話を発表しました。

この中で、岸田総理大臣は「『政治への信頼回復』を内閣の最も緊要な課題と位置づけ、『対話と改革の政治』という旗印のもと、政治改革の前進に尽力された」としています。

そして「東西冷戦の終結、湾岸戦争の勃発など、わが国を取り巻く国際情勢が大きく変化する激動の時代において、新しい国際秩序の構築に向け、大きな貢献をされるとともに、国際社会の一員として、平和を守る責任を果たすために力を尽くされた。突然の訃報に接し、悲しみの念を禁じ得ない。国民とともに、心から哀悼の意を表す」としています。

松野官房長官「激動する国際情勢の中 多くの政策課題に尽力」

松野官房長官は、閣議のあとの記者会見で「海部元総理大臣は平成元年8月に内閣総理大臣に就任し、湾岸戦争勃発など、激動する国際情勢の中で、多くの政策課題に力を尽くして取り組まれた。国民の皆様とともに心から哀悼の意を表し、謹んでご冥福をお祈り申し上げる」と述べました。

岸防衛相「自衛隊の海外派遣は議論に発展 現在の形に」

岸防衛大臣は、閣議のあとの記者会見で「湾岸戦争の時期を経験され、ペルシャ湾に海上自衛隊の掃海艇を派遣したことは、その後、高く評価されている。自衛隊の海外派遣はさまざまな議論に発展し、現在の形につながった。亡くなられて大変残念だ」と述べました。

牧島デジタル相「公正で心豊かな社会を目指された方」

牧島デジタル大臣は、閣議あとの記者会見で「まことに残念で、心から哀悼を申し上げたい。対話と改革の政治を旗印として公正で心豊かな社会を目指された方だったと受け止めている」と述べました。

野田少子化相「とにかく威張らない大先輩だった」

野田少子化担当大臣は、閣議のあとの記者会見で「尊敬する海部元総理大臣が亡くなられてとても悲しい。落選した時に、進路を定めるにあたって支えていただいた。とにかく威張らない大先輩だった」と述べました。

また、海部氏が村山富市氏に敗れた平成6年の総理大臣指名選挙に触れ「自分がいちばん信頼し、『その人のもとで学んできたから』という思いで『海部俊樹』という名前を書いて人生初の造反というレッテルを貼られたことは今でも忘れることはできない。自分で判断するということをわりと早い時期から学ぶことができたことは、30年たった今、いろいろな意味で役に立っている」と述べました。

そして「心からご冥福をお祈りする。怒った顔をほとんど見たことがなかった。明るい海部元総理大臣に、これからも恥ずかしくないよう行動できればと思う」と述べました。

若宮万博相「自衛隊の初海外派遣など大きな課題乗り越えられた」

若宮万博担当大臣は、閣議のあとの記者会見で「民間企業で秘書をしていた平成元年ごろに、何度か海部元総理大臣とお目にかかることがあり、一緒に仕事をさせていただくこともあった。自衛隊の初めての海外派遣などさまざまな大きな課題を乗り越えられた方だと思う。お年を召されてからは、スポーツクラブで水泳をされているのを拝見したこともあった。大先輩であり、心よりご冥福をお祈り申し上げたい」と述べました。

山東参院議長「雄弁でユーモアのある先生だった」

山東参議院議長は、NHKの取材に対し「文教族の大先輩であり、海部内閣では科学技術庁長官を務めさせていただいた。その際に『僕は女性大臣をたくさん任命した』とおっしゃっていたのが心に残っている。雄弁でユーモアのある先生だった。水玉模様のネクタイがもう見られないと思うとさみしいかぎりだ」とコメントしています。

自民 茂木幹事長「政治改革に先頭になって取り組んだ」

自民党の茂木幹事長は、NHKの取材に対し「海部氏は、早稲田大学の『雄弁会』に所属していた関係で、竹下・元総理大臣と非常に近い関係にあり、自民党総裁まで登り詰めた。とても演説がうまかった印象がある。また、国内で意見が分かれていた自衛隊の海外派遣や小選挙区制度の導入などの政治改革に先頭になって取り組んだ政治家だった。心からお悔やみを申し上げ、ご冥福をお祈りしたい」と述べました。

安倍元首相「心から功績しのび ご冥福をお祈りしたい」

自民党の安倍元総理大臣は、NHKの取材に対し「かつて自民党が大変厳しい状況にある時に総裁に就任され、選挙で勝利を得て、自民党政権を維持した大きな功績のある方であり、自衛隊の国際貢献についても、初めて送り出すという決断をされた。改めて、心から功績をしのび、ご冥福をお祈りしたい」と述べました。

大島前衆院議長「あるべき政治家の姿を学んだ」

海部内閣で官房副長官を務めた大島理森 前衆議院議長は、NHKの取材に対し「明朗で真っ正直で、政治用語を使わずに国民と対話ができる政治家だった。世の変わり目の時代に、明るさを失わず課題に取り組んだ姿に、あるべき政治家の姿を学んだ」と述べました。

また海部氏が、湾岸戦争を受けて、自衛隊の本格的な海外派遣を決断したことについては「憲法の観点からもいろいろ考えたかもしれないが、割とスパッと決断された。掃海艇による作業を成功させてくれという思いが大きかったので、成果が出てほっとしていたと思う」と振り返りました。

自民 二階元幹事長「日本政治に大きな道筋」

海部元総理大臣とともに、自由党や保守党などで政治活動をともにし、自民党に復党したあとも同じ派閥に所属した二階元幹事長は「自民党の困難な時期に総理大臣に就任する一方、自衛隊の海外活動の先べんをつけるなど、日本政治のその後の流れに大きな道筋をつけてこられた。政治活動をご一緒させていただき、その温かい人柄とさわやかな弁舌に感銘を受けるとともに、幾多の場面で指導をいただいてきた。誠に残念であり、謹んでご冥福をお祈りし、心から哀悼を申し上げたい」とするコメントを発表しました。

自民 高村前副総裁「平和安全法制にも大きな影響与えた」

自民党の高村正彦前副総裁は、NHKの取材に対し「海部氏は、学生時代から雄弁家として『海部の前に海部なし、海部の後に海部なし』と言われるほどの人で、私も初めての選挙に出たとき、応援に来てくれて非常に助かった思い出がある。湾岸危機では法整備で苦労されたが、そのときの考え方が、その後のPKOや周辺事態法、平和安全法制にも大きな影響を与えることになった」と述べました。

立民 泉代表「クリーンな政治家の印象」

立憲民主党の泉代表は、記者会見で「心からお悔やみを申し上げたい。クリーンな政治家という印象が強い。当時の自民党は、より派閥政治も強く、リクルート事件などが起きる中で、政治改革を進めていく志を高く掲げ、今の小選挙区制度をつくるために力を尽くされた。自身の政治スタイルを貫いた方だったと思っている」と述べました。

立民 小沢衆院議員「政治改革実現に強い思い」

海部氏が総理大臣だった時、自民党の幹事長を務めた立憲民主党の小沢一郎衆議院議員は、NHKの取材に対し「とても優しい上司であり、誰からも好かれる人だった。心からお悔やみを申し上げる」と述べました。

そして、衆議院選挙に小選挙区制度を導入することを柱とする政治改革関連法案が党内の反発を受けて廃案となり、海部内閣が退陣したことについて「政治改革を何としても実現したいという強い思いでおられた。私も同じ気持ちで、2人で頑張ろうとやってきたが、海部総理の時代には実現できなくて非常に残念だった」と振り返りました。

また、平成6年に小沢氏らが、総理大臣指名選挙に海部氏を統一候補として擁立したことについて「細川政権、羽田政権と非自民政権が続き、その後の総理を選ぶときに、海部氏をみんなで担ごうということになった。失敗してしまったが、本当にいい先輩であり、みんなから親しまれ、好かれた人だった」と述べました。

公明 山口代表「雄弁で日本の転換導かれた」

公明党の山口代表は、NHKの取材に対し「国会議員に初当選した時の総理大臣で、1年生議員として質疑などで相対したが、『雄弁』ということばは、この人のためにあると感じた。語り口やトレードマークの水玉模様のネクタイも相まって、敵意や反感を抱かせず、みずからの主張を受け止めさせる力があった」と述べました。

そのうえで「湾岸戦争やベルリンの壁の崩壊が起こった時代で、海部内閣が提出した国連平和協力法案は廃案になったが、その後のPKO協力法の制定につながった。日本の転換を導かれた方で、亡くなられたことは、とても残念だ。ご指導に対する恩返しができるよう、今の日本をめぐる大きな変化に対応していきたい」と述べました。

公明 石井幹事長「非常に温厚な人柄 心からご冥福をお祈りする」

海部元総理大臣が党首を務めた新進党に所属していた、公明党の石井幹事長は、記者会見で「総理大臣として大きな功績があり、イラクによるクウェート侵攻の際の資金提供は、国際貢献の在り方の大きな転換点にもなった。新進党で一緒に活動した時期もあり、非常に温厚な人柄で、心からご冥福をお祈りする」と述べました。

石原元官房副長官「徹底した平和論者だった」

海部内閣で官房副長官を務めた石原信雄氏は、NHKの取材に対し「海部元総理大臣は、明るい性格の方で冗談も言うし、その場の状況にあった内容を盛り込む演説の名手だった。私より若いので残念だ」と、その死を悼みました。

そのうえで石原氏は「湾岸戦争で多国籍軍に自衛隊が加わるかどうか議論になったとき、海部氏は、終始『自衛隊を武力紛争を伴う場所に派遣すべきではない』という意見を貫き、何としても武力ではなく交渉で事を収めようという徹底した平和論者だった」と述べました。

東京都 小池知事「人の心をうまくつかむ人だった」

海部元総理大臣が党首を務めた新進党に所属していた、東京都の小池知事は、記者会見で、「新進党の党首として、大変ご指導をいただいた。街頭演説など、人の心をうまくつかむのは、本当によく覚えている。買い物途中の人に『ちょっと、ちょっと』と呼びかけて話をされ、そうやって、政治家として国民との対話や説得、説明をしていることに大変、敬意を表していた。心からご冥福をお祈りを申し上げたい」と述べました。

愛知県 大村知事「郷土の発展に尽力していただいた」

海部元総理大臣は、愛知県の発展に大きな功績があったとして平成23年に名誉県民の称号が贈られています。

愛知県の大村知事は、名古屋市内で記者団に対し、「平成17年に愛知県で開かれた愛・地球博では超党派の議員連盟の会長を務めるなど郷土の発展に尽力していただいた。弁舌爽やかで理路整然とした人をひきつけるすばらしい政治家だった。亡くなったことは大変残念で痛恨の極みで心からご冥福を祈りたい」と述べました。

掃海艇派遣 部隊指揮官「現場の苦労を気にかけてくれた」

海部元総理大臣が決断したペルシャ湾への海上自衛隊の掃海艇派遣で、当時、派遣された部隊の指揮官を務めた落合※たおささん(82)は「自衛隊を派遣することに複雑な思いもあったと思うが、そうした中でも現場の苦労を気にかけてくれたことが印象に残っている」と話しています。

31年前の1991年に行われた自衛隊のペルシャ湾派遣は、自衛隊創設以来、初めての本格的な海外任務で、落合さんは、掃海艇など6隻の艦艇からなる派遣部隊の指揮官を務めました。

海中に設置された機雷を見つけ出して処理し、民間の船が安全に航行できるようにするのが任務で、落合さんは「もし失敗すれば、その後の自衛隊の国際貢献の道を絶つことにもつながりかねないという強いプレッシャーを感じながら任務に当たった」と振り返っていました。

帰国後、落合さんは、その功績をたたえられ、海部元総理大臣から直接、表彰状を受け取ったほか、派遣から10年がたった2001年には、クウェート政府が復興に協力した国々の関係者を招いて開いた式典に、海部元総理大臣とそろって招待されたということです。

また、同じ2001年、海部元総理大臣は、掃海艇部隊の元隊員たちが年に1回「同窓会」として開いていた会合に出席し「私自身が掃海に詳しくなく、皆さんに苦労をかけた」などと、元隊員たちをねぎらったということです。

落合さんは「当時は自衛隊の海外派遣を決断したことへの複雑な思いや、隊員の命の危険もある任務の最高指揮官としての相当なプレッシャーがあったと思う。そうした中でも、現場の苦労をきちんと気にかけ、思いやってくれたことが印象に残っている」と話していました。

ペルシャ湾への派遣以降、自衛隊は、PKO=国連平和維持活動やイラクの復興支援、ソマリア沖での海賊対策などで、繰り返し海外に派遣され、平和憲法のもとでの国際貢献を続けてきました。

落合さんは「ペルシャ湾での活動が自衛隊の国際協力活動の先駆けとなり、今では当たり前のものになった。海部さんの決断が、自衛隊の活動の大きなターニングポイントになったと思う」と、訃報に接し、改めて振り返っていました。

※「たおさ」は「田」へんに「俊」のつくり

米国大使館「日米関係の強化に重要な役割果たした」投稿

海部元総理大臣が亡くなったことを受けて、東京のアメリカ大使館は「心よりお悔やみ申し上げます。海部氏は首相として、日米関係の強化に重要な役割を果たされました。多くのアメリカの友人が寂しく思うことでしょう」と公式ツイッターに投稿しました。

中国外務省「中国と日本の関係改善に積極的に貢献」

海部元総理大臣が亡くなったことについて、中国外務省の汪文斌報道官は、14日の記者会見で「海部氏は、総理大臣在任中は、中国と日本の関係改善に積極的に貢献し、総理大臣を辞めたあとも両国の友好事業に関心と支持を示した。深い哀悼の意を表すとともにご家族に心からのお見舞いを申し上げる」と述べました。

台湾外交部「心から敬意」

台湾外交部は、海部元総理大臣の台湾に対する立場は友好的だったとしたうえで「自衛隊をペルシャ湾に派遣し、国際社会の秩序を守ることに重要な貢献をした。亡くなったことを深く悼むとともに、自由と民主主義、それに世界平和の促進に終生、力を注いだことに心からの敬意を表す」というコメントを発表しました。