大相撲初場所6日目 初日から5連勝の横綱 照ノ富士は玉鷲と対戦

大相撲初場所は6日目、初日から勝ちっ放しの横綱 照ノ富士は力強い突き押しの玉鷲と対戦します。

初場所は3場所連続優勝がかかる横綱 照ノ富士が初日から5連勝としています。

照ノ富士は14日、6日目、前頭3枚目の玉鷲の挑戦を受けます。

過去の対戦成績は10勝5敗と照ノ富士が勝ち越していて四つに組んで胸を合わせる展開になれば横綱の優位は揺るぎません。

37歳の玉鷲は、前回対戦した去年の秋場所では、横綱に敗れたものの強烈なのど輪で一気に土俵際に追い込みました。

玉鷲は、13日大関・正代を力強い突き押しで破っていて、幕内最年長のベテランが立ち合いから一気に横綱を土俵際に追い詰めると勝負はおもしろくなります。

照ノ富士と同じ初日から5連勝の関脇 御嶽海は前頭3枚目の遠藤と対戦。

過去の対戦で御嶽海は11勝7敗と勝ち越していますが、先場所は立ち合いで前まわし取られ、その後は一歩も前に出ることができず敗れました。

御嶽海としては今場所見せている厳しい立ち合いから前に出て、先に流れをつかめるかが勝負のポイントになります。

平幕でただひとり、5連勝の前頭6枚目 阿炎は、前頭9枚目 志摩ノ海との一番です。