プロ野球中日 新人の合同自主トレーニング始まる ナゴヤ球場

プロ野球 中日の新人選手の合同自主トレーニングが13日から始まり、ドラフト1位で外野手のブライト健太選手が「春のキャンプに100%で入れるようにバットを振り込んでいきたい」と意気込みを語りました。

中日の新人選手の合同自主トレーニングは13日からナゴヤ球場で始まり、ドラフト1位のブライト選手など6人全員が参加しました。

立浪和義新監督が見守る中、選手たちは大きな声を出しながらウォーミングアップしたあと、真新しいスパイクを履いてリラックスした表情で、キャッチボールから練習をスタートさせました。

このあと選手たちは室内に移動し、長打力が持ち味のブライト選手は、ドラフト2位の鵜飼航丞選手とペアを組んで、ティーバッティングで打ち込んでいました。
練習のあとブライト選手は「選手みんなで元気を出していい雰囲気でできたと思う。春のキャンプに100%で入れるように走り込んで、バットを振り込んでいきたい」と意気込みを語りました。
立浪新監督は「元気にスタートができてよかったと思うし、頼もしく感じた。春のキャンプに向けてしっかりコンディションを作っていってほしい」と期待を寄せていました。