イランやベネズエラなど8か国 分担金滞納で国連総会投票権失う

国連は、イランやベネズエラなど8か国について、加盟国が負担する分担金の支払いが滞っているとして、国連憲章の規定に基づき、国連総会で投票する権利を失うことを明らかにしました。

国連は、経済力などをもとに加盟国が負担する分担金の額を決めていて、分担金を2年分以上滞納した加盟国は、国連総会での投票権がなくなると国連憲章で定められています。

グテーレス事務総長は、国連総会議長に送った10日付けの書簡で、加盟国のうち、イランやベネズエラ、それにスーダンなど合わせて8か国について、分担金の滞納額が2年分以上にふくらんだとして、国連総会での投票権を失うことを明らかにしました。

8か国は今後、国連総会で決議案の採決などが行われても1票を投じることはできませんが、必要な額を支払えば、投票権を回復できるということです。

国連では、一部の加盟国による分担金の滞納が、慢性的な財政難の要因となっています。

※投票権を失う8か国は、
▽アンティグア・バーブーダ
▽コンゴ共和国
▽ギニア
▽イラン
▽パプアニューギニア
▽スーダン
▽バヌアツ
▽ベネズエラ