米政府 核・ミサイル開発などに関係 北朝鮮とロシアの7人制裁

北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返す中、アメリカ政府は、核・ミサイル開発などに関わったとして、北朝鮮とロシアの関係者7人に対し、資産凍結などの制裁を科したと発表しました。

北朝鮮の核・ミサイル開発などに関わったとしてアメリカ財務省が、12日、資産の凍結などの制裁を科したと発表したのは、北朝鮮の男6人とロシア人の男のあわせて7人と、モスクワにある企業です。

このうち、ロシア極東のウラジオストクにある北朝鮮の軍事関連機関の代表の男は、ロシアからの通信機器の調達に関わったということです。

北朝鮮は、今月5日、北部のチャガン道から極超音速ミサイルだとする弾道ミサイルを発射したのに続き、11日には、キム・ジョンウン総書記の立ち会いのもと、極超音速ミサイルの発射実験を行ったと明らかにしています。

今回の制裁にあたってアメリカ財務省は「北朝鮮は去年9月以降、弾道ミサイルを6回発射し、国連安保理の複数の決議に違反している」と、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮を強く非難しました。

バイデン政権は北朝鮮の非核化を目指し、同盟国の日本や韓国との連携を強化しながら、北朝鮮に対話を呼びかけていますが、事態打開の糸口は見いだせていません。