鹿児島 長島町の養鶏場 鳥インフルエンザ検出 県が処分進める

鹿児島県長島町の養鶏場でニワトリが死んでいるのが多数見つかり県が詳しく調べたところ、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。県内の養鶏場での発生は今シーズン3例目で、県はこの養鶏場などで飼育されているニワトリおよそ11万1000羽の処分を進めています。

鹿児島県によりますと、長島町浦底の養鶏場で12日、死んだニワトリが多数いると通報がありました。

通報を受けて県がPCR検査を実施したところ13日、検査した13羽すべてから「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたということです。県内の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したのは今シーズン3例目です。

このため県は今回ウイルスが検出された養鶏場と、この養鶏場の管理者が持つ町内の別の養鶏場で飼育されているニワトリ合わせておよそ11万1000羽の処分を進めています。

またウイルスが検出された養鶏場の
▽半径3キロ以内を養鶏場などからニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に
▽半径10キロ以内をその地域からの出荷を禁止する「搬出制限区域」に指定し
周辺の幹線道路を通行する畜産関係の車両の消毒を行うことにしています。

養鶏場から半径10キロ以内には県内では合わせて25の農場があり、130万羽余りのニワトリが飼育されているということです。

鹿児島県は鶏舎内のこまめな消毒などウイルスの侵入防止対策を徹底するよう呼びかけています。