北陸・近畿周辺に大雪 短時間で急激に積雪が増えるおそれ

上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で、北陸や近畿の周辺に発達した雪雲が流れ込み、大雪になっています。このあとも、短時間で急激に積雪が増えるおそれがあり、気象庁は、車の立往生など、交通への影響に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと強い冬型の気圧配置と寒気の影響で13日夜から日本海側で雪が強まり、富山県砺波市では13日夜10時までの3時間に20センチの大雪が降りました。

北陸や近畿、東海などには発達した雪雲が流れ込んでいて午前3時までの3時間の降雪量は▽岐阜県飛騨市神岡と▽京都府南丹市美山で12センチ、▽滋賀県彦根市で9センチなどとなっています。

午前3時の積雪は、▽長野県野沢温泉村で1メートル72センチ▽岐阜県白川村で1メートル71センチに達しているほか、▽兵庫県豊岡市で32センチ、▽滋賀県米原市で28センチ、▽福井市で18センチ、▽京都市で6センチ、▽名古屋市でも1センチとなっています。

一段と強い寒気の流入で積雪急増おそれ

北陸や新潟県、近畿では発達した雪雲が流れ込みやすい状況が続き平地でも短時間で積雪が増える見通しです。

ふだんあまり雪の降らない近畿や東海の平地でも積もるところがあると予想されています。

北日本中心に車の運転が難しい猛吹雪のおそれ

また、北日本を中心に風の強い状態が続き、車の運転が難しくなるような猛吹雪となるおそれがあります。

14日予想される最大風速は▽北海道と北陸で23メートル、▽近畿と中国地方で20メートル、最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達する見通しです。

波も高く、近畿、北陸、中国地方では大しけが続く見込みです。

気象庁は猛吹雪や吹きだまり、積雪による車の立往生など、交通への影響のほか、高波への警戒を呼びかけるとともになだれや屋根からの落雪にも十分注意するよう呼びかけています。