カンボジア ASEAN外相会議延期を発表 ミャンマー情勢影響か

ASEAN=東南アジア諸国連合のことしの議長国を務めるカンボジアは来週に予定していた外相会議を延期すると発表しました。クーデター後の混乱が続くミャンマー情勢への対応をめぐって加盟国の姿勢が異なっていることが影響した可能性もあります。

ASEANの外相会議は今月18日から19日にかけてカンボジア北部のシェムリアップで対面形式で開かれる予定でしたが、ことしの議長国のカンボジアは12日、延期を発表しました。

会議の直前になって延期が決まるのは異例で、理由について「多くの外相の訪問が難しくなったため」と説明しています。新たな日程や開催の方法については触れていません。

ASEANは加盟国のミャンマーについて軍が民主派に対する弾圧を続けていることなどを理由に首脳会議への軍トップの出席を認めていませんが、議長国カンボジアのフン・セン首相はすべての加盟国での開催を目指す考えを示し、今月7日にはミャンマーを訪問して軍トップと会談するなど独自の外交を進めています。

これに対しほかの加盟国からは「軍の統治を正当化しかねない」といった懸念が出ていて、今回の外相会議の延期はこうしたミャンマー情勢への対応をめぐって加盟国の姿勢が異なっていることが影響した可能性もあります。