除雪機の下敷きに 67歳男性が死亡 北海道 岩見沢

12日午後、岩見沢市の住宅で、67歳の男性が家庭用の除雪機の下敷きになり、病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

12日午後3時ごろ、岩見沢市栗沢町上幌の住宅で「父が除雪機の下敷きになっていて、意識がない」と、消防に通報がありました。

警察や消防が駆けつけたところ、高齢の男性が家庭用の除雪機の下敷きになっていて、市内の病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

死亡したのは岩見沢市栗沢町上幌の農業、秋田谷正義さん(67)で、警察によりますと、娘の話では、12日朝9時ごろから自宅や近くの農園の除雪を行っていましたが、午後2時ごろになっても帰宅しないため、様子を見に行ったところ、除雪機の下敷きになっているのが見つかったということです。

警察が事故の原因を調べています。