盗難の人形劇団トラックを保管か 2人逮捕

今月9日、千葉県松戸市で人形劇団の着ぐるみなどが入ったトラックが盗まれた事件で、トラックが現場から60キロほど離れた茨城県鉾田市で発見されていたことが分かりました。
劇団のことを知る女性がトラックを見つけて警察に通報したということで、警察は、このトラックを保管していた疑いで2人を逮捕し、引き続き窃盗事件として捜査しています。

今月9日、千葉県松戸市の人形劇団「劇団こぐま座」の事務所の駐車場から、等身大の着ぐるみや舞台のセットなど公演に必要な道具一式が積まれていた3トントラックがなくなっているのを劇団員が見つけ、警察に通報しました。

その後、10日になって、このトラックが60キロほど離れた茨城県鉾田市で見つかったということです。

劇団を知っていた女性が、中古車販売会社近くの路上にトラックが止まっているのを発見し、盗難被害に遭ったことが報じられていたため警察に通報したということです。

トラックの中からは、公演で使われる着ぐるみや舞台のセットなどが見つかった一方、ドアに描かれていた劇団のマークが削られたり、上から塗料が塗られていたりしていたということです。

警察は、盗まれたものと知りながらこのトラックを保管していた疑いで、ナイジェリア国籍の中古車販売業者など2人を逮捕し、窃盗事件として引き続き捜査しています。

劇団員「心からほっとしました」

盗まれたトラックが見つかったことについて「劇団こぐま座」の劇団員の山本周平さん(30)は「トラックが見つかって心からほっとしました。盗まれたあと、たくさんの方に応援していただいたので、うれしい報告ができます。皆さんにお礼を言いたいです。コロナの影響で公演が減っていることもあり大変な状況ですが、頑張って活動を続けていきたいです」と話していました。