岸田首相 オミクロン株特性踏まえ対応検討へ 待機期間短縮など

新型コロナの感染が急拡大する中、岸田総理大臣は、公明党からオミクロン株の特性に応じて、感染者らが施設などで待機する期間を短くすることなどを求められたのに対し、要請を踏まえて対応を検討する考えを示しました。

公明党の石井幹事長らは、12日午前、総理大臣官邸で岸田総理大臣と会談し、新型コロナ対策の緊急提言を手渡しました。

この中では、オミクロン株の分析結果や諸外国の状況を踏まえ、その特性に応じて、感染者や濃厚接触者が施設などで待機する期間を短くすることや、3回目のワクチン接種の前倒しに向け、自治体ごとのワクチン供給のスケジュールを示すことなどを求めています。

これに対し、岸田総理大臣は「オミクロン株の特性として、専門家からは、感染力が大変強く、重症化する可能性は低いかもしれないことや、潜伏期間が短いことが言われている。医療のひっ迫を引き起こさないために、特性を踏まえた対応が求められる」と応じました。

また、岸田総理大臣は、去年夏に感染が拡大した際には、自宅療養の人が医療を受けられない事態が相次ぎ、国民の不安を招いたとして、健康観察や飲み薬の投与など対応を強化する考えを示しました。