北海道で雪と風が強まる 事故や被害など相次ぐ

急速に発達する低気圧の影響で北海道や東北では風が強まり猛吹雪となっているところがあります。この影響で北海道内では交通事故のほか、電柱が折れたり電線が切れたりする被害が相次いでいます。

岩見沢 除雪機の下敷きで男性死亡

12日午後、岩見沢市の住宅で67歳の男性が家庭用の除雪機の下敷きになり病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

死亡したのは岩見沢市栗沢町上幌の農業、秋田谷正義さん(67)で、警察によりますと、娘の話では12日朝9時ごろから自宅や近くの農園の除雪を行っていましたが午後2時ごろになっても帰宅しないため、様子を見に行ったところ除雪機の下敷きになっているのが見つかったということです。警察が事故の原因を調べています。

函館 車4台が衝突の事故 路面が凍結

12日朝、函館市の国道で車4台が衝突し3人がけがをしました。

12日午前7時40分ごろ、函館市高松町の国道278号線で函館方面から恵山方面に走っていたダンプカーが脇道から来た乗用車と衝突しました。事故のはずみでダンプカーが対向車線を走ってきた乗用車と衝突し、さらにこの乗用車に別の車が追突しました。

警察によりますと、ダンプカーを運転していた男性と対向車線を走ってきた乗用車に乗っていた2人の合わせて3人がけがをし、このうちダンプカーの男性が腰の骨を折る大けがをしているおそれがあるということです。当時、現場の路面は凍結していたということで警察が事故の原因を調べています。

釧路地方と根室地方 高潮で道路が一時冠水

北海道の釧路地方と根室地方の沿岸部では12日午前、高潮などの影響で厚岸町などで道路が一部冠水しました。

このうち厚岸町港町の一帯では午前9時ごろから海水が護岸を越えて道路が冠水し、一時10センチほどの深さになりました。冠水の影響で道道123号線は厚岸郵便局から厚岸漁協の直売所までのおよそ400メートルの区間が通行止めになりました。

住宅や店舗の中まで流れ込むことはなく、午前10時ごろに水は引き始めました。

近くのホテルに勤める30代の男性は「朝は道路が川のようになっていて必死の思いで出勤しました。驚きました」と話していました。

また午前9時半すぎに満潮を迎えた根室市の根室港では潮位が上がり、海水が一部岸壁を越えて打ち寄せていました。

標津町・清里町・斜里町 電柱が折れるなどの被害

標津町では海に面した国道沿いなどで電柱が折れたり、電線が切れたりする被害が確認されました。標津町内では一部の世帯で停電が続いています。

北海道電力によりますと、こうした被害が町内の複数の場所で確認されているということで復旧作業を進めています。

またオホーツク海側の清里町と斜里町で、大雪と強い風の影響で電柱が傾いたり折れたりして停電が続いています。

北海道電力によりますと、12日午前6時15分ごろ清里町江南で着雪と強い風の影響で道路沿いに立つ電柱少なくとも18本が傾いたり折れたりしました。

この影響で江南と周辺の向陽で停電が続いていて午後4時45分現在、40戸が停電しています。

隣の斜里町でも複数の電柱が壊れ150戸が停電しています。

北海道電力は仮設の設備を設置するなどして12日夜中の復旧を目指しています。

北海道 約900戸で停電(12日 午後8時現在)

北海道電力によりますと、午後8時現在で北海道内では釧路地方や宗谷地方などの合わせておよそ900戸で停電しているということです。

停電しているのは
▽釧路地方の浜中町でおよそ320戸
▽宗谷地方の豊富町でおよそ190戸、稚内市でおよそ130戸
▽根室地方の別海町でおよそ100戸、根室市でおよそ60戸
▽石狩地方の石狩市でおよそ40戸、恵庭市でおよそ40戸
▽オホーツク地方の斜里町でおよそ40戸
▽空知地方の長沼町でおよそ20戸です。

北海道電力は原因を調べるとともに復旧作業を進めています。今のところ全面的な復旧のめどは立っていないということです。

札幌市内 倒木や店舗のひさし落ちる被害

大雪となっている札幌市内では木が倒れたり、店舗のひさしが落ちたりする被害が出ています。

午前3時すぎ、中央区南7条西4丁目で「道路に木が倒れている」と通りかかった人から警察に通報がありました。

警察によりますと、倒れたのは高さ5メートルほどの木でけがをした人はいませんでした。警察は雪の重みで木が倒れたとみています。

また午前0時半ごろには北区新琴似7条の路上で「雪が歩道をふさいでいる」と通りかかった人から警察に通報がありました。

警察と消防が調べたところ、道路に面する店舗のひさしが雪とともに歩道に落ちていたということです。けがをした人はいませんでした。

警察や消防によりますと、このほか「電線が地面に垂れ下がっている」という通報が多く寄せられたということです。

十勝地方 農業用ハウスに被害

十勝地方では農業用ハウスが積もった雪の重みで押しつぶされるなど、基幹産業の農業にも被害が出ています。

帯広市郊外にある福田和雄さん(70)の農場では、積もった雪の重みで農業用ハウスがおよそ30メートルにわたり押しつぶされる被害が出ました。

冬の間、ハウスの中にはトラクターなどの機械を収納しているため作物に直接の被害はありませんでした。

しかし来月末から予定していたこのハウスを使ったビートの苗の栽培をあきらめざるをえなくなり、代わりに畑に直接まいて栽培することを検討していますが収量の減少は避けられないということです。

帯広市の「JA帯広かわにし」によりますと、今回の大雪による農業用ハウスの被害はこれまでに16棟で確認されているということです。

十勝地方では帯広市のほか隣の音更町でも雪で農業用ハウスが倒壊する被害が出ていて、町によりますとこれまでに9棟で被害が確認されているということです。

豊富町 4つの町内会の地域が孤立状態に

北部の豊富町では大雪で道路が通行止めとなり、停電が続くなか4つの町内会の地域が孤立した状態となっています。

豊富町によりますと、町内の道路2路線が大雪で通行止めとなり海側の稚咲内や豊徳など4つの町内会の地域が孤立した状態となっています。

またこれらの地域では、12日午後10時現在で合わせておよそ160戸が停電しているということです。町は停電を復旧させるため夜も繰り返し地域につながる道路の除雪を試みています。町は北海道の協力も得て道路の除雪を進め、停電をなるべく早く復旧させたいとしています。

町によりますと、孤立した地域では住民は自家発電などを使って暖をとっていて夜までに体調を崩した人はいないということです。

一方町は町外から旅行などで来ていた人のため「豊富町定住支援センター」に臨時の避難所を開設しました。午後9時の時点で5人が避難しているということです。