韓国 建設中 高層マンションで外壁崩落 作業員6人と連絡取れず

韓国南西部の建設中の高層マンションで外壁などが崩落し、作業員6人と連絡が取れなくなっていて、警察は、安全管理に問題がなかったか捜査することにしています。

11日、韓国南西部・クワンジュ(光州)にある39階建ての高層マンションの建設工事現場で、上層階部分の外壁や内部の壁などが崩落しました。

現場の映像では、コンクリートの塊などが粉じんとともに崩れ落ちる様子や、周辺の車の屋根が大きくつぶれた様子などが確認できます。

現地の対策本部によりますと、当時、およそ400人が作業していて、このうち作業員1人が軽いけがをしたほか、6人と連絡が取れていないということです。

現場では、建物の真横にある高さ140メートルのクレーンが倒れるおそれがあるとして、11日夜から救出活動が中断されていて、対策本部は安全が確認され次第、再開することにしています。

事故当時、マンションの上層階部分ではコンクリートの打ち込み作業が行われていたということで、韓国メディアは専門家の話として、コンクリートが十分乾かないまま工事が進められたのではないかという見方を伝えています。

工事を担当した建設会社の代表は12日、報道陣に「事故の責任を痛感している。行方不明者の救助や現場の安全確保にあらゆる措置をとる」と謝罪しました。

警察は、建設会社の安全管理に問題がなかったか捜査することにしています。