11月の経常収支 8973億円の黒字 原油高で4か月連続前年下回る

日本が海外との貿易や投資などでどれだけ稼いだかを示す去年11月の経常収支は、8973億円の黒字となりました。
原油価格の上昇で輸入額が増え、輸出から輸入を差し引いた「貿易収支」が赤字となったことなどから、黒字額は4か月連続で前の年の同じ月を下回りました。

財務省が発表した国際収支統計によりますと、去年11月の日本の経常収支は8973億円の黒字となりました。

黒字額は前の年の同じ月より8350億円、率にして48.2%減って、4か月連続で前の年の同じ月を下回りました。

これは、原油価格の上昇で輸入額が大幅に増え、輸出から輸入を差し引いた「貿易収支」が4313億円の赤字になったことが主な要因で、「貿易収支」の赤字は2か月ぶりです。

一方、海外の証券投資などで得た利子や配当のやり取りを示す「第一次所得収支」は、船のコンテナ不足を背景に業績が好調な海外の海運会社から受け取る配当が膨らんだことなどから、1兆7907億円の黒字となり、黒字幅が拡大しました。