北海道や東北で風強まり猛吹雪も 交通影響などに警戒を

急速に発達する低気圧の影響で北海道や東北では風が強まり、猛吹雪となっているところがあります。
12日は、北日本や北陸を中心に見通しがきかない暴風雪となる見込みで、気象庁は猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、日本海北部の低気圧と北海道付近で急速に発達する2つの低気圧の影響で、日本付近は強い冬型の気圧配置となり、北日本や北陸、東海などで雪が降っています。

午前11時までの3時間には
▽北海道の音威子府村で31センチ
▽岐阜県白川村で10センチ
▽岩手県北上市で7センチの雪が降りました。

また、沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、この3時間の最大瞬間風速は、
▽秋田市で午前10時半前に29.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

北海道~北陸は暴風雪 見通しきかない猛吹雪に

12日は北日本と北陸を中心に暴風雪となり、特に北日本では見通しがまったくきかず、車の運転が難しくなるような猛吹雪となるおそれがあります。

13日にかけて予想される最大風速は
▽北海道と、東北の日本海側で25メートル
▽新潟県で23メートル
▽北陸で20メートルで
最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達する見通しです。

波も高く、北日本と北陸では大しけが続く見込みです。

雪の見通し

13日は北日本と東日本の上空にさらに強い寒気が流れ込み、14日にかけて広い範囲で大雪となる見込みです。

13日の朝までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで、
▽東北の日本海側で70センチ
▽北海道と新潟県で50センチと予想されています。

その後、14日の朝までの24時間には
▽北陸と新潟県、近畿で60センチから80センチ
▽東北の日本海側で50センチから70センチ
▽中国地方で40センチから60センチ
▽北海道で30センチから50センチ
▽九州北部で5センチから10センチの雪が降る見込みです。

冬型の気圧配置は14日にかけて続くため日本海側を中心に積雪が増え、太平洋側の平地でも雪が降るところがある見込みです。

気象庁は、猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響のほか、暴風や高波への警戒を呼びかけています。

積雪が急に増えている地域では、なだれや着雪による停電にも十分注意してください。

過去にも車の立往生や事故などが起きています。

最新の気象情報を確認し、不要不急の外出は控えるようにしてください。

釧路地方と根室地方 今季いちばんの大雪に

釧路地方と根室地方は各地で今シーズンいちばんの大雪となり、除雪作業に追われています。

釧路地方と根室地方では、12日午前11時までの24時間に降った雪の量が
▽阿寒湖畔で49センチ
▽釧路市阿寒徹別で39センチ
▽中標津町で36センチなど
各地で今シーズンいちばんの大雪となりました。

釧路地方などの大雪はピークを越え、釧路市の市街地では除雪車や建設用の重機が出て、道路の除雪にあたり、店舗の従業員や住民などが雪かきに追われていました。

釧路市の43歳の男性は「一気に積もってびっくりしました。湿った雪でかなり重く、重労働です。これ以上雪は降ってほしくないです」と話していました。

一方、知床半島の羅臼町でも朝から除雪作業に追われる姿が見られました。

羅臼町の79歳の男性は「湿った『ベタ雪』なので、量は少なくても、重くて大変です。年なのできついです」と話していました。

北海道 広尾町 町職員が高齢者宅を雪かき

大雪となった北海道広尾町では町の職員が1人暮らしの高齢者の自宅を訪れ雪かきを行いました。

広尾町では午前11時までの24時間に56センチの雪が降る大雪となり、午前11時現在の積雪は55センチとなっています。

11日夜から12日朝にかけて積雪が一気に増えたことから、町の職員は午前中から1人暮らしの高齢者の自宅を訪問し、安否を確認するとともに雪かきを行いました。

職員は3人1組で玄関の周りやひさしに降り積もった雪をスコップなどで取り除いていました。

今回降った雪は湿気を多く含んだ重たい雪だということで、1人暮らしの高齢者にとって雪かきは大きな負担となっています。

雪かきをしてもらった女性は「今までは1人で雪かきをしていましたが足と腰が痛くなってどうしようと思っていたので本当に助かります」と話していました。

広尾町役場の小柳雄貴さんは「除雪が間に合わず困っている人がいると思いなるべく早く作業しました」と話していました。

町は、12日の1日で75軒の住宅を訪れ、雪かきを行う予定だということです。