株価 500円以上値上がり 値下がり銘柄を買い戻す動き広がる

12日の東京株式市場は、このところ値下がりしていた銘柄を買い戻す動きが広がり、日経平均株価は500円以上値上がりしています。

▽日経平均株価、午前の終値は
 11日の終値より525円73銭高い2万8748円21銭
▽東証株価指数=トピックスは28.38上がって2015.20
▽午前の出来高は6億247万株でした。

市場関係者は「アメリカのFRB=連邦準備制度理事会のパウエル議長が11日に行った公聴会での発言内容が想定の範囲内と受け止められ、アメリカの金融引き締めが速いペースで進むことへの警戒感がいくぶん和らいだ。このため、投資家の間でリスクを避ける動きが弱まり、東京市場でもこのところ大きく値下がりしていた半導体関連などの幅広い銘柄に買い注文が出ている」と話しています。