北朝鮮 機関紙で極超音速ミサイルの発射実験の成功を発表

北朝鮮は、キム・ジョンウン(金正恩)総書記の立ち会いのもと、極超音速ミサイルの発射実験を、11日行ったと発表しました。
この中で「ミサイルから分離された弾頭が1000キロ先の水域に設定された目標に命中した」として発射実験に成功したとしています。

12日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」はキム・ジョンウン総書記の立ち会いのもと、国防科学院が極超音速ミサイルの発射実験を11日に行ったと、1面で伝えました。
紙面には、ミサイルがオレンジ色の炎を噴き出しながら、移動式の発射台から上昇していく様子やキム総書記が双眼鏡を使って発射実験を視察している様子を捉えた写真が掲載されています。

この中で、技術的な特性を確認するための最終的な発射実験だったとしたうえで、「ミサイルから分離された弾頭が1000キロ先の水域に設定された目標に命中した」として、発射実験に成功したとしています。

また、キム総書記は「国の戦略的な軍事力を質、量ともに持続的に強化し、戦争抑止力を一層強化するための成果を勝ち取らなければならない」と述べ、核・ミサイル開発を推し進める姿勢を改めて強調しました。

韓国軍は、北朝鮮が11日午前、北部のチャガン(慈江)道から日本海に向けて弾道ミサイルと推定される飛しょう体1発を発射したと明らかにしていて、発表はこの飛しょう体を指すとみられます。

北朝鮮は、去年9月に続いて、1月5日にも極超音速ミサイルの発射実験を行ったと、その翌日に発表しています。

米報道官「複数の安保理決議違反」

ホワイトハウスのサキ報道官は11日、北朝鮮によるミサイルの発射について「国連安全保障理事会の複数の決議に違反しており、近隣国や国際社会を脅威にさらしている。北朝鮮に対し挑発的な行為をやめ、持続的で実質的な話し合いに応じるよう求める」と述べ、日本をはじめとした同盟国や友好国と連携して対応していく考えを示しました。